地震フォーラム

地震予知フォーラムは、さまざまな地震の前兆現象や、地震予知の研究など地震予知に関する話題を扱う掲示板です。


  • スレッドを表示する
  • 返信する

2018年1/2日

今年も地震関連を調べて行きますので、よろしくお願いいたします。
年初において、
キラウエア傾斜変動、溶岩底(湖面)、キラウエア周辺の地震回数において、大きな地震を予想される兆候は出ていません。


  • 返信する

1/2日、火曜日01:18JST

キラウエア傾斜計は、12月15日〜17日辺りの変動に似ていますので、2日19時辺り、4日15時あたりで、M5近い地震がわずかに予想されます。千島方面、関東沖合い周辺と予想されます。地震が起きたときには正しい地震情報を確認し、したがってください。

追記:
M4.4
7km WNW of Ichihara, Japan
2018-01-02 19:48:39 (UTC+09:00)
37.1 kmの地震が起きていました。

M4.6
Izu Islands, Japan region
2018-01-02 23:17:32 (UTC)
43.3 km
M4.3
91km E of Namie, Japan
2018-01-02 21:24:17 (UTC)
35.9 km
M
4.6
256km SE of Iwo Jima, Japan
2018-01-02 02:53:45 (UTC)
83.0 km
追加

1/4日、木曜日09:34JST
2日予想の4日13時辺りの地震
M5.1
Izu Islands, Japan region
2018-01-04 06:32:52 (UTC+09:00)
25.1 km
M5.4
Izu Islands, Japan region
2018-01-04 06:30:22 (UTC+09:00)
10.0 km
の対応地震が7時間近く早く起きています。

1/6日、土曜日02:20JST

キラウエア傾斜計変動に沿うようにM5近い地震が起きています。数時間前にデフレに転じています。ちょうど、12月14日〜20日辺りの地震発生傾向が出ているようです。
当事、九州南部近海と父島周辺での地震が数回起きていました。
大きな地震は予想していませんが、スロースリップが繰り返し起きているとすると、その歪みがどの場所に集まるかは気になります。
追記:
M4.8
207km N of Chichi-shima, Japan
2018-01-06 19:36:01 (UTC+09:00)
10.0 kmの地震が父島周辺で起きています。

1/7日、日曜日00:07JST

キラウエア傾斜計はデフレを記録中です。
この流れから予想されるDI変動のインフレ局面に転じ、数時間おいての地震時間予想は8日20時近くと予想され、その時間辺りでM5地震が九州南海沖合い、父島周辺に予想されます。

1/9日、火曜日09:04JST

M4.6
22km SSE of Yanai, Japan
2018-01-09 05:52:08 (UTC+09:00)
60.6 km

M4.4
141km NW of Ishikawa, Japan
2018-01-09 00:31:18 (UTC+09:00)
149.9 kmの地震が九州周辺に起きていますが、
規模は大きく予想を間違えています。

1/10日、水曜日08:59JST

M5.4
60km SE of Hasaki, Japan
2018-01-10 07:30:18 (UTC+09:00)
15.0 km

M4.9
54km SE of Hasaki, Japan
2018-01-10 07:20:50 (UTC+09:00)
29.3 km

M4.7
Izu Islands, Japan region

2018-01-10 02:50:33 (UTC+09:00)

40.1 kmの対応地震などが起きています。
36時間遅れておきていました。

相変わらず、私の「いいね」を消している人がいますね。恥ずかしい人ですね。

1/11日、木曜日13:05JST

M5.1
187km SE of Hirara, Japan
2018-01-11 09:43:40 (UTC+09:00)
10.0 kmの対応地震がおきています。
キラウエア傾斜計変動に忠実な傾向が出ています。


  • 返信する

1/12日、金曜日09:34JST
 キラウエア傾斜計は昨日の18時JSTにインフレに転じています.
 溶岩底(湖)は揺らぐ回数が多めですが、通常の範囲といえます。
 おそらく、大きなインフレ状態にはならずに、デフレ、または平衡状態に転じるものと思われます。
 日本の東海、四国沖、紀伊半島沖のスロースリップとの関連として、太平洋プレートの圧力が一時的に開放された状態を疑います。
 キラウエア溶岩底(湖面)に大きな変化は出ていませんが、みなみ太平洋などの火山噴火による圧力開放とも合わせて、注視していきます。

1/13日土曜日、09:13JST

キラウエア溶岩底(湖面)は動きが微妙に活発化しているように見えます。これからの動きに注目しています。
M5規模の地震予想は、15日24時辺りと16日24時辺りと予想されます。地震が起きたときは、正しい地震情報を確認し,したがってください。場所は東日本周辺辺りと予想しています。

1/13日、土曜日19;24JST
キラウエア傾斜計グラフは平行状態からデフレに転じる可能性が出ています。

今回の地震は内陸の可能性を予想する兆候も出始まりました。本州中部の予想も追加される状態ですので、倒れやすいものは整理しておくことを薦めます。

1/15日、月曜日08:56JST
16日予想は18日午後辺りに変更します。
15日24時辺りの予想はそのままです。

1/16日、火曜日08:34JST
M5.0
94km E of Nishinoomote, Japan
2018-01-16 05:41:39 (UTC+09:00)
19.5 kmの対応地震が起きています。
5時間ほどよそうより後となっています。

ぐりぐりさん
予想地域候補は県単位で出ていますが、そのあたる確率はさほど無いものとなっています。
データが少なく。今は富士山を中心に東西、内陸、海洋性という程度で書き込むことが多いです。特異なデータも集めていますので、ある程度特定できると思われる、その場合はある程度書き込めると思います。
今回、日本西側中部あたりと思われましたが、今のところ九州南部というのが現実でした。

1/18日、木曜日01:31JST
ここ2回のDIトップの変動が気になります。
どのように判断すべきなのかは、経験値が少なすぎます。たとえば、11月11日辺りとすれば、東日本の地震、11月30日辺りとすればM5はありません。これからの動き次第ですが、地震が起きたときには正しい地震情報を確認し、必ず従ってください。

1/18木曜日12:57JST

M5.0
56km N of Chichi-shima, Japan
2018-01-18 10:51:01 (UTC+09:00)
31.1 kmの対応地震が起きています。
予想では17時辺りでしたので6時間早く起きています。

1/18日、木曜日23:56JST

キラウエア傾斜計はデフレに転じています。
M5近い地震は19日23時辺りと予想されます。急な降下であれば、伊豆周辺近海と思われます。

1/19日、金曜日24:42JST

M4.9
37km WSW of Shikotan, Russia
2018-01-19 21:00:00 (UTC+09:00)
85.8 km予想時間範囲で起きたM5近い最新の地震です。

21日20時あたりでM5近い地震を予想しています。今のところ大きな地震は予想されませんが、関東南部沖合いの地震がここ12日間で増える傾向の予想が出ていますが、これからの動き次第です。

1/20日、土曜日18:35JST

M5.0
123km ESE of Kuril'sk, Russia
2018-01-20 14:51:32 (UTC+09:00)
43.3 kmの対応地震がい26時間早く起きています。

1/25日、木曜日00:21JST

M6.2
92km ESE of Mutsu, Japan
2018-01-24 19:51:20 (UTC+09:00)
39.8 kmの対応地震が起きています。
ここ12日間の地震予想の回数がおおく、書き込むのを控えていました。
今回の予想は
25日零時辺りー今回の地震と思われます
26日24時近く
28日24時近くとなっています。
大きな地震は予想していません。
M5あたりの地震を予想しています。

大きめM6.9以上の予想も調べていますので、書き込みができるようになったら予想として書き込みたいと思います。但し、あくまでも予想程度です。


  • 返信する

1/13日、土曜日19;24JST
キラウエア傾斜計グラフは平行状態からデフレに転じる可能性が出ています。

今回の地震は内陸の可能性を予想する兆候も出始まりました。本州中部の予想も追加される状態ですので、倒れやすいものは整理しておくことを薦めます。

1/15日、月曜日08:56JST
16日予想は18日午後辺りに変更します。
15日24時辺りの予想はそのままです。

こんばんは、誠さん。

ぐりぐりです。

大体、一日おき、必ず拝読しております。

個人的には地域は何処を注意すべきですか?

当たる外れるなど気にせず今回だけでもお知らせください。

お願い致します。短期間の表示で消去されても結構です。


  • 返信する

1/25日、木曜日09:31JST

M6.9地震について書き込みましたので、少し補足しておきます。

フィリッピン、台湾近海で次のM6.9地震がここ一月あたりに起きなければ大きな心配は少なくなると思われます。

1/25日、木曜日23:45JST

1/26日、金曜日09:03JST
上記の書き込みがうまくいかなかったようです。
今回のM5予想地震の範囲はシズナイ近海。
さらに、千葉近海の予想による可能性も出ています。

1/27日、土曜日08:25JST
予想時間中心での予想地震規模の地震は起きていません。
起きていた地震は以下です。

M4.2
60km SE of Hachijo-jima, Japan
2018-01-27 05:24:42 (UTC+09:00)
115.7 km
M4.5
31km ESE of Ishinomaki, Japan
2018-01-27 03:11:00 (UTC+09:00)
66.0 km
M4.5
34km NNW of Taitung City, Taiwan
2018-01-27 01:31:30 (UTC+09:00)
10.0 km

1/28日、日曜日08:26JST

M5.1
64km NNE of Miyako, Japan
2018-01-28 04:43:30 (UTC+09:00)
51.1 kmの対応地震が20時間辺り早く起きています。
訂正USGS
上記の地震はUSGSによりM4.8に訂正されています。
M4.8
64km NNE of Miyako, Japan
2018-01-28 04:43:30 (UTC+09:00)
49.3 km

1/31日、水曜日08:12JST

M5.0
37km SSE of Shizunai, Japan
2018-01-31 05:11:48 (UTC+09:00)
60.8 kmの対応地震が起きています。

2/1日、木曜日00:13JST

台湾、フィリッピン周辺のM6.7以上の地震はまだ起きていません。個人的見解として、この次に起きる地震がこの地域だとすると、同じ規模の地震が日本周辺に数ヶ月以内に起きる可能性もありますので、注目しています。起きなければ、大き目の地震の可能性は低くなると思います。

2/1日、木曜日08:50JST

M5.1
Line Islands, Kiribati region
2018-02-01 00:26:51 (UTC+09:00)
14.0 km
太平洋プレートのプレート形態上の中心辺りに起きた地震です。非常に珍しい場所の地震であり、M5規模はおそらく戦後USGS記録上初めてのこの位置の地震だと思われます。

2/2日、金曜日14:32JST
大きな地震の予想はありません。
4日、03時あたりで、静内沖合い辺りでM5近い地震が予想されます。地震が起きたときには正しい地震情報を確認し、したがってください。

2/4日、日曜日08:43JST

M4.8
22km NNE of Hualian, Taiwan
2018-02-04 04:30:56 (UTC+09:00)
日本周辺の地震ですが、大きく外れています。
9.4 km
追記:

M6.1
14km NNE of Hualian, Taiwan
2018-02-04 13:56:41 (UTC)
7.8 km
M5.3
25km NNE of Hualian, Taiwan
2018-02-04 13:12:53 (UTC)
7.5 km
この地震について。。
Mj6.5地震Mw6.1地震となっています。
規模評価がまったく違いますが、2/1に書き込みました地震の地域で起きていますので、同規模の地震が日本国近海で起きる可能性が高くなったと思われます。今、すぐということではありません(月単位)が、注目していきます。

2/6日、火曜日01:17JST
9日10時辺りを中心にしたM5近くの地震の予想をしています。


  • 返信する

2/6日、火曜日08:16JST
M5.3
200km W of Chichi-shima, Japan
2018-02-06 05:56:22 (UTC+09:00)
465.1 kmの対応地震が起きています。

2/6日、火曜日14:23JST

今回予想される地震の規模はM5.5規模と予想される動きも見られます。さらに、少し早めに起きる可能性も出てきています。
もう少しすれば規模も詳しくなるかも知れません。

2/7日、水曜日08:28JST
M4.9
15km ENE of Hualian, Taiwan
2018-02-07 05:56:22 (UTC+09:00)
9.9 km
M4.8
17km E of Hualian, Taiwan
2018-02-07 04:36:35 (UTC+09:00)
8.0 km
M5.4
15km ESE of Hualian, Taiwan
2018-02-07 04:15:28 (UTC+09:00)
8.6 km
M5.3
17km ENE of Hualian, Taiwan
2018-02-07 03:07:39 (UTC+09:00)
11.1 km
M5.2
17km ENE of Hualian, Taiwan
2018-02-07 03:00:13 (UTC+09:00)
6.8 km
M5.1
6km SE of Hualian, Taiwan
2018-02-07 01:17:57 (UTC+09:00)
10.0 km

M6.4
22km NNE of Hualian, Taiwan
2018-02-07 00:50:42 (UTC+09:00)

10.6 km
の対応地震などが起きています。
熊本地震と同じ、after shockも大きい地震でした。
これで、台湾近海のプレート面はfree状態に近いものとなったと思います。
アラスカ、メキシコ、チリなどもすでに一時的Free状態となったと予想されます。ただ、日本近海はまだ、残していると判断しています。
9日予想のM5.5地震がすでに起きたとも判断もできます。

2/7日、水曜日20:25JST

まだ、デフォグラフも微妙な状態です。
M6クラスの地震がまだ、あるのでしょうか。

2/8日、木曜日00:55JST

8日10時辺りと9日10時辺りを中心にしたM5.5地震が予想されます。地震が起きたときには正しい地震情報を確認し必ず従ってください。
倒れやすいものは整理整頓しておくようにしましょう。台湾近海と東日本近海の可能性もあります。
追記:
M5.7
19km NE of Hualian, Taiwan
2018-02-08 00:21:31 (UTC+09:00)
10.8 kmの地震がすでに起きていました。
昨日の20時25分に書き込んだ地震がこれだと思われます。ひとつは起きたと思われます。
追記:
M5.2
9km SSE of Hualian, Taiwan
2018-02-08 09:54:16 (UTC+09:00)
6.1 kmの対応地震が起きています。

2/9日、金曜日02:47JST

キラウエアデフォグラフは未だ安定していません。キラウエア溶岩湖、周辺の溶岩流出量に変化はありませんので、巨大な地震は予想していません。M5.5以上の地震の可能性は予想されます。すでに、零時近くに関東地域でのM4クラスの地震は起きていますので、これのことであれば幸いです。

追記:
M4.6
6km SW of Ogawa, Japan
2018-02-08 23:34:21 (UTC+09:00)
72.7 km

2/10日、土曜日08:40JST

M4.2
27km SE of Ito, Japan
2018-02-09 23:38:38 (UTC+09:00)
148.1 km

M4.2
0km W of Owase, Japan
2018-02-09 18:23:00 (UTC+09:00)
388.4 km

M4.6
6km SW of Ogawa, Japan
2018-02-08 23:34:21 (UTC+09:00)
72.7 km
の地震が起きていましたが、予想範囲の地震は起きていませんでした。キラウエア傾斜計のvolatilityを織り込んでいるつもりですが、睡眠時間内の変化には対処できませんでした。
ただ、この場で起きたことは記憶しておきます。


  • 返信する

2/12日、月曜日00:42JST

M5近い地震の予想は、
12日13時辺り、規模M5辺り台湾近海辺りの   予想
15日13時辺り、規模M5辺り、場所予想未だ
18日14時辺り、規模M5辺り、場所予想未だ

2/13日、火曜日07:51JST
12日予想された地域、地震規模の地震はありませんでした。
一番近い地域、時間の地震は以下
M6.0
136km ESE of Rota, Northern Mariana Islands
2018-02-12 08:14:14 (UTC+09:00)
10.0 km

2/14日、水曜日09:28JST
15日辺りの地震予想によるM5近い地震の可能性予想は福島沖合い、日向沖合いの可能性を予想しています。大きな地震は予想していません。

2/16日、金曜日19:17JST

M4.3
55km S of Makurazaki, Japan
2018-02-14 21:01:07 (UTC+09:00)
124.2 kmの地震は起きていましたが、規模はまったく違うものでした。

キラウエア傾斜計の動きからすると、M6近い地震の可能性も見られます。これからの動き次第でしょうが、注目しています。

2/17日、土曜日08:09JST

M4.4
60km E of Ishinomaki, Japan
2018-02-17 06:38:46 (UTC+09:00)
57.6 km

M4.5
30km ESE of Hachijo-jima, Japan
2018-02-17 01:46:36 (UTC+09:00)
135.8 km

M4.3
183km SE of Terney, Russia

2018-02-16 22:57:55 (UTC+09:00)

254.0 km
予想された地域の地震として、石巻近海の地震としても、41時間外れています。
先のM6地震の可能性ですが、微妙な変化ですので、判断が難しいものとなっています。
DI変化のデフレ局面ですが、遅い変化ですので注目しています。

2/19日、月曜日01:24JST

地震予想は今のところできていません。
台湾地震、メキシコ地震など大きめの地震は起きていますが、幸い日本周辺では起きていません。私は太平洋プレートに注目している理由から、気になる局面に近い状態だと思います(時間軸は月単位)。
たとえるなら、缶きりで缶の蓋を切り刻み、いくつかのきり残した場所として日本周辺の固着面がそれにあたると思います。中米などのM7地震の回数も増えていると思われる局面は、中米辺りのプレートの緩みもあるのではないかとおもわれます。従って、プレートの片側の日本周辺に地震の可能性が高くなっていると思われます。キラウエアデフォグラフはフラットです。
上昇後に急落するのか、そのままデフレに転じて通常のDIに戻るのか、注目しています。
追記:08:21JST

M4.9
30km SE of Saiki, Japan
2018-02-19 03:31:36 (UTC+09:00)
47.8 km

M4.4
136km SE of Kuril'sk, Russia
2018-02-18 21:11:24 (UTC+09:00)
41.9 km

M4.6
22km NNE of Kuroiso, Japan
2018-02-18 19:01:41 (UTC+09:00)
106.6 km
追記:2/20日、01:39JST

M21km W of Su'ao, Taiwan
2018-02-19 23:47:01 (UTC+09:00)
57.5 km

2/21日水曜日、00:01JST
デフォグラフからの予想地震として、
22日正午辺りにM5.5以上M6未満と思われる地震が予想されます。今回はDIサイクルの頂点から底に下がりきる辺りの発振と予想されます。
従って、ずれも予想されますが、グラフを観察していればわかると思われます。
陸上の場合には、ある程度は揺れる可能性もありますので、倒れやすいものは整理し、地震があったときには正しい地震情報を御確認し従つてください。大きな地震は予想していません。

2/21日水曜日、21:26JST
父島あたりで、予想よりも早めにM5近い地震も予想されます。さらにDIボトムあたりで東日本辺りに地震も予想されます。

2/22木曜日、08:47JST
M5
64km S of Hualian, Taiwan
2018-02-22 08:10:39 (UTC+09:00)
10.0 km


  • 返信する

2/22日、木曜日17:11JST
キラウエアデフォグラフがよそうに反し、未だフラット状態です。DIボトム状態にはなっていませんし、このような状態はあまりよい感じではありません。

2/22日、木曜日21:57JST

この時間辺りからデフレに転じると思われます。ここから6時間後から24時間以内にM5,5以上M6以内と思われる地震を予想しています。
これからのグラフで時間が絞られていく可能性もあります。

2/23日、金曜日12:10JST

キラウエア傾斜計はここ数時間内にインフレに転じられると思われます。
地震が起きたときには正しい地震情報をご確認ください。

2/23日、金曜日18:54JST
キラウエア傾斜計は未だ、デフレ状態です。

2/24日、土曜日18:49JST
昨日、21時ころにインフレに転じていました。それ以後の地震は以下です

M5.0
147km ESE of Ohara, Japan
2018-02-24 17:35:45 (UTC+09:00)
28.8 km

M4.6
32km ESE of Namie, Japan
2018-02-24 11:43:52 (UTC+09:00)
34.6 km

東日本周辺で対応地震は起きていますが、規模が違います。未だ、様子見(身)です。

2/25日、日曜日20:12JST

26日正午あたりで、M5近い地震が予想されます。九州近海の可能性も予想されます。

2/26日、月曜日02:06JST

M5.6
66km ENE of Namie, Japan
2018-02-26 01:28:40 (UTC+09:00)
41.3 km対応地震が起きています。
予想のM5.5地震だと思われます。
追記:08:42JST

M5.0
34km SE of Su'ao, Taiwan
2018-02-26 03:28:39 (UTC+09:00)
10.0 kmの対応地震が起きています。

2/26日、月曜日23:00JST

キラウエア傾斜計デフォメーショングラフはデフレに転じています。このDIのボトムあたりでM5近い地震が予想されます。
追記:02:22JST
デフォグラフの降下角度が珍しい急降下。
溶岩流出に変化が無ければ好いんだが。

2/27日、火曜日19:40JST
28日午後1時と1日正午辺りにM5近い地震を予想しています。伊豆、硫黄島辺りと予想しています。
追記:2/2809:00辺りでデフレに転じています。
追記:12:44JST
当時、日本周辺では
M4.6
65km ENE of Namie, Japan
2018-02-27 07:57:31 (UTC+9)
38.7 kmの地震が起きていました。

3/1日、木曜日18:04JST

火山噴火によるエネルギー分散と思われますが、M5.5近い地震は今のDI下降辺りで起きると予想されます。

火  山:霧島山(新燃岳)
日  時:2018年03月01日16時15分(010715UTC)頃 第1報
現  象:連続噴火が継続しているもよう
有色噴煙:不明
白色噴煙:
流  向:不明
---
天候不良のため噴煙状況不明
噴火開始以降の最高噴煙高度:不明
火口:新燃岳

01日11時00分頃に発生したと推定される噴火が現在も継続しているもよう
今後も噴火が継続していると推定される場合は定期的に通報する
噴煙量:不明
高層風 0107Z
850-28037
700-28060
500-27092

M5.2
45km WSW of Ishigaki, Japan
2018-03-01 13:42:27 (UTC)
20.6 kmの対応地震が起きています。

3/2日、金曜日13:26JST

M5.0
14km SSW of Yonakuni, Japan
2018-03-02 03:42:27 (UTC)
44.1 kmの対応地震が起きています。


  • 返信する

3/2日、金曜日13:31JST
キラウエア傾斜計はデフレ状態に移行するように思えます。
最近の太平洋をめぐる地震の傾向として、after shockが多く思え、さらに大き目の地震が連続して起きているように思えますので、Mの大き目の地震の後にも備える必要がありそうです。その原因のひとつが、地球の自転速度の変化だとも思われます。自転速度が少しでも遅くなれば、加速度として影響していきます。
楕円である地球と自転軸の関係なのでしょうが、その遠心力減衰により、プレート間の圧力や隙間の間隔などが影響しあい、さらに大きめ地震を誘発しているようです。地震の後にもさらに注意が必要だと思われます。

3/4日、日曜日14:25JST

キラウエア傾斜計はデフレ状態です。
DIボトムに近い状態ですので、その底辺またはインフレに転じてまもなくにM5近い地震が台湾周辺、父島近海で予想されます。規模はこれからの推移で予想されますが、キラウエアの状態から大きな地震は予想していません。

3/4日、日曜日20:03JST
上記の地震予想時間は3/5日午前6時辺りでM5近い地震と予想されます。
地震が起きたときには正しい地震情報を確認し従ってください。

3/5日、月曜日08:36JST

M4.8
295km N of Chichi-shima, Japan
2018-03-05 05:47:43 (UTC+09:00)
30.3 km

M5.4
42km SSE of Kuril'sk, Russia
2018-03-05 04:52:51 (UTC+09:00)
107.1 km

M4.4
109km SE of Taitung City, Taiwan
2018-03-04 15:32:21 (UTC+09:00)
10.0 km

対応地震(規模)とM5近い地震が予想範囲で起きています。

3/6日、火曜日02:23JST

主な深部低周波地震(微動)として、2月11日から15日にかけて奈良県を中心とした紀伊半島南部、また、2月21日から愛媛県のプレート境界付近を震源とする深部低周波地震尾待っています(微動)を観測しています。

3/7日、水曜日18:31JST
キラウエア傾斜計はデフレに転じていました。

M5.8
East of the Kuril Islands
2018-03-07 13:40:12 (UTC+09:00)
29.4 km
の対応地震が起きています。
(傾斜計デフォグラフはこの時間辺りから停止しています。)
3/8日、木曜日09:12JST

An ongoing long-period earthquake swarm at 5-10 km depth beneath the caldera began last night. Otherwise, seismicity is within normal, background rates, with tremor fluctuations associated with lava lake spattering.
長周期地震がクレーター下部5〜10Kmで起きているのに、通常の微小地震などの変化が無い。これが意味するところが専門家でない私には理解しにくい。

ガス組成に変化が起きたのか、それとも割れ目が拡大したのか、それとも溶岩流体の量に変化が起きたのかこれだけで判断できない。
 ただ、プレート間、間隙による圧力増減が影響していると想像しています。
 これから、キラウエア溶岩湖(底)の上下の急激な変化があるのか、または溶岩流出がとまるのかに注目していきます。

3/8日、木曜日13:37JST
キラウエア傾斜計は閲覧できません。
そのほか閲覧中のデータ(日本のサイト)もマルウエアに感染し、サイトがとまっています。
予想がしにくい状態となっています。
何故、このような事態が重なるのかと思いますが、現状回復を願うのみです。

少ない資料からでも予想はできます。

10日17時辺りでM5近い地震予想
13日17時辺りでM5近い地震予想
となっています。
ほかの、資料も参考にしていけばある程度の予想はできます。予想も変化していきます。
追記:
キラウエア微震動は後8時間を残して70回記録しています。7年前に見たことがある数字に近いものです。地震との関連は溶岩底の急な降下が起きるか否かで判断していきます。


  • 返信する

追記:16:04JST

M5.3
251km N of Chichi-shima, Japan
2018-03-08 14:58:39 (UTC+09:00)
10.0 kmの対応地震が起きています。

3/9日、金曜日09:42JST
キラウエア傾斜計は相変わらず、閲覧不能のままです。
キラウエア溶岩底はデフレ状態とともに、おそらく旧淵から35m以上の深さだと推測されます。ここ半日以上の降下を記録中ですが、通常の範囲だと思われます。

上記の地震予想は、東日本近海、台湾の予想もできますが、精査できません。

新燃岳の噴火ですが、相変わらずに圧力が高い
ままだと予想されます。さらに高まる可能性もでていますので、新たな噴火のピークを近日中に迎えるかも知れません。いずれにしろ。今回の新燃岳の噴火は日本列島レベルのプレート緊張を表していると思われますので、噴火が終息した後のことも予想していかねばなりません、と予想しています。

3/11日、日曜日22:02JST

M4.7
64km ENE of Naze, Japan
2018-03-11 15:55:10 (UTC+09:00)
18.9 kmの時間外の地震が起きた以外M5近い地震は起きていませんでした。

新燃岳の噴火は一見収まりかけたように思えますが、ここ数日以内に再々度活発化しそうですので、周辺の方もさらに注目視していく必要もあります。
 地震の可能性が火山噴火活動にしょうかしている可能性もあると思つています。

少ない資料でも予想は続けます。
追記:キラウエア傾斜計も雨には弱いでしょから、しばらくはお休みだと思います。しかし、ハワイが連日雨とはね。

3/13日、火曜日01:52JST

キラウエア傾斜はデフレからインフレに転じたかも知れません。
傾斜の読みができなく、予想も難しいものとなっています。3つの指標で判断していますが
1つかけると、判断も難しくなっています。
今日の予想も、1つは肯定、もう1つは未だ動きが弱いものとなっています。

 新燃岳の噴火活動ですが、少し下火になると予想され、溶岩流は継続だと個人的に予想しています。

3/13日、火曜日18:43JST

M4.8
13km SSE of Hasaki, Japan
2018-03-13 15:46:30 (UTC+09:00)
34.4 km予想に近い一時間差で地震は起きていました。

3/14日、水曜日00:18JST
キラウエア傾斜計は一時的に回復していましたが、再度停止したようです。ここ数日はハワイの天候不良の可能性があるようなので、参考にしにくい状態です。おおよその傾斜は予測できます。地震の規模の推測は不能です。
 今回の予想は
15日早朝
17日19時辺りでM5近い地震の予想となりますが、変化していくとおもわれす。


  • 返信する

追記:00:33JST

新燃岳の火山活動は大きな変化をしてないと予想していますが、少しずつ圧が増していく可能性も、個人的に予想しています。未だ安心できるものではないようでiす。

3/14日、水曜日15:03JST

関西地域のM5規模の地震の可能性も予想されますので、地震があったときには正しい地震情報を確認し、必ずしたがってください。

3/16日、金曜日02:49JST
USGSでは記録されませんでしたが、
Time: Wed, 15 Mar 2018 05:40:47 JSTで
Near East Coast of Honshu, Japan
Magnitude: 4.7
Depth: 10 km
の地震が東北地方に起きていました。
地震は予想時間でしたが、規模、場所ともにまったく違うものでした。
キラウエア傾斜計グラフは不完全なDIを繰り返
しながら上昇しています。

個人的な推察として、新燃岳、桜島等の火山活動が緩やかになる傾向から、減圧がそこなわれ、中国大陸方面からの圧力増加が起きていると思われます。引き続き西日本方面の地震の可能性もあると予想しています。
追記:USGS
M4.5
55km ESE of Ishinomaki, Japan
2018-03-15 05:40:56 (UTC+09:00)
45.4 km

3/16日、金曜日20:41JST
キラウエア傾斜計は相変わらずの急なインフレを継続中です。昨年の11月〜今年の一月上旬までのスローススリップ、深部微小地震の後に起きた新燃岳、桜島などの火山活動などの現出を考慮し、その火山活動が一時的に穏やかに転じ、そのエネルギーが地震に変わる場合、比較的大きめの地震も予想されます。(先例、熊本地震)このDI現象がデフレに転じた辺りに注意が必要となるかも知れません。17日〜18日午前中の可能性も予想されますので、大陸プレートとの境界方面では揺れに注意が必要だと思われます。また、長期的にみても、ここ数カ月は警戒期間だと思われます。巨大地震は予想していませんが、倒れやすいものは整理しておくとよいでしょう。

3/18日、日曜日20:08JST

M4.4
5km SSE of Chiba-shi, Japan
2018-03-18 12:59:05 (UTC+09:00)
65.4 kmの有感地震はありましたが、M5近い地震ではありませんでした。

3/19日、月曜日08:22JST

M5.0
174km E of Kuril'sk, Russia
2018-03-19 03:00:10 (UTC+09:00)
85.9 kmの対応地震が起きています。
17時間違いでした。
追記:
M5.0
57km SSE of Hasaki, Japan
2018-03-19 11:45:09 (UTC+09:00)
29.5 km

3/20日、火曜日14:06JST

前回の予想時間17時間〜24時間違いという表記となりますので、予想時間の詳細を書き込んでおきます。

22日零時と2時に可能性
22日17時に地震の可能性
と予想されています。
誤差がどのくらい出るのか検証中です。

M5.2
21km NE of Yujing, Taiwan
2018-03-20 18:22:56 (UTC+09:00)
13.8 kmの対応地震が起きています。
(予想の30時間違い)

M4.4
285km NNW of Chichi-shima, Japan
2018-03-22 01:18:55 (UTC+09:00)
54.8 km(予想の1時間違い)対応地震ではありませんでした。
追記:

M4.5
35km SSE of Shiraoi, Japan
2018-03-22 08:15:06 (UTC+09:00)
104.9 kmの規模が違う地震が起きていました。
なお、17時にはM3規模の地震も起きていました。

M4.8
41km ESE of Ofunato, Japan
2018-03-23 06:32:20 (UTC+09:00)
36.6 kmの地震が予想の13時間後に起きています。Mj5.1規模震度4を伴う地震でした。

3/22日、木曜日23:32JST

キラウエア麓の傾斜計が急なインフレ状態隣13日が経過しています。さらに上昇中ですので、環太平洋地域でのM7規模地震が多発する可能性が高まりつつあります。

3/23日、金曜日09:23JST

予想として
24日17時辺りでM5近い地震が予想されます。2回データが重なっています。


  • 返信する

3/24日、土曜日09:23JST

上記の予想の追加ですが、
東伊豆奈良本体積ひずみ計に細かな変動が記録されています。訂正の可能性もありますが、数時間まえの伊豆沖の地震との関連も疑われますので、今回、関東南部もM5近い地震に注意が必要だと予想されますので、地震が起きたときには正しい地震情報を確認し必ず従ってください。

3/26日、月曜日00:36JST

M5.7
92km ESE of Hachijo-jima, Japan
2018-03-25 23:37:24 (UTC+9)
56.8 km(予想の30時間後に対応地震が起きています。)
M5.0
101km SE of Hachijo-jima, Japan
2018-03-26 00:36:24 (UTC+09:00)
51.1 km重なっています。

3/26日、月曜日09:05JST

25日23時の地震の規模はUSGSでM5.7と表示されています。この地域の地震の可能性が解消
されたのか疑問です(M6規模予想として)。もう少し東伊豆の体積ひずみ計の変化に注目していきます。
28日零時を中心にM5規模の地震も予想していますが、30時間も外す可能性もあります。

3/27日、火曜日17:29JST

M5.2
233km SE of Iwo Jima, Japan
2018-03-27 15:39:10 (UTC+09:00)
35.8 kmの対応地震が予想の範囲の地域で起きています。予想時間の9時間差で起きていました。
追記:

M4.3
168km W of Hachijo-jima, Japan
2018-03-28 01:36:15 (UTC+9)JST
328.9 kmの地震も1時間辺りの差で起きていました。

地震予想の取り組みを紹介していますので、
「ナマジーと愉快な仲間たち」を検索していただければ幸いです。ここでは、映像を上げられません。

3/29日、木曜日02:10JST

キラウエア傾斜計はデフレ状態からの転換点あたりでM5規模の地震が予想されます。
30日正午〜31日24時辺りの範囲と予想されますが、
30日正午
31日正午
31日19時辺りを中心に予想しています。

3/30日、金曜日08:39JST
30日正午の地震予想から4時間外れていました。

M5.0
15km NE of Oarai, Japan
2018-03-30 08:17:32 (UTC+09:00)
41.1 km
4/1日、日曜日00:48JST
31日の地震

M3.4
11km N of Omiya, Japan
2018-03-31 17:05:31 (UTC+09:00)
70.2 km31日の予想時間直近の有感地震です。


▲ページ先頭へ





  • 地震後はアクセスが集中するため頻繁なリロードなどはお控え下さい。
  • 地震があった時の臨時掲示板から、地震フォーラムに名称を変更しました