地震フォーラム

地震予知フォーラムは、さまざまな地震の前兆現象や、地震予知の研究など地震予知に関する話題を扱う掲示板です。


  • スレッドを表示する
  • 返信する

見づらくなったので、新いフォームに変えます。
よろしくお願いいたします。
 キラウエアデフォメーションの月単位のグラフをUSGSで見られるようになりました。ここでは図を表示できませんので、「ナマジーと愉快な仲間たち」のジミーさんの好意により場をお借りしまして表示していますので参考にしてください。
少しは表現できていると思います。(USGSにも感謝)
他に、太陽系磁場、大陸系プレート変動も参考(自説)にしていますので、地震予想まだまだ
の状態であり、個人の力の限界も感じています。おそらくAIを使い、一部の研究機関の資料を使わせてもらえれば数日で結論(有効か無駄か)結論が出ると思います。今、個人としてできるのは何所まで有効かを調べてることだけです。


  • 返信する

6/3日、土曜日 01:52JST

キラウエア傾斜計は緩やかなインフレ状態を記録中です。
今のところ、4日正午ごろ、6日零時ごろのM5近い地震の予想が出ています。4日は近海、6日は伊豆諸島遠海の可能性としています。傾斜計の動きがマダ読めませんので、参考程度です。

6/3日、土曜日07:13JST
M5.1
107km ESE of Hirara, Japan
2017-06-03 02:26:31 (UTC+09:00)
31.4 kmの対応地震が起きています。
予想より、33時間早目にずれています。

6/3日、土曜日23:55JST
M5.1
84km ENE of Severo-Kuril'sk, Russia
2017-06-03 20:47:23 (UTC+09:00)
49.0 kmの対応地震が日本周辺境界内ギリギリで入ったことになります。予想より12時間辺り早く発振しています。傾斜計はデフレに転じ、さらにフラット傾向ですが、さらに降下する動きもあるようです。

6/4日、日曜日12:49JST
4.5
12km NE of Ohara, Japan
2017-06-04 09:56:13 (UTC+09:00)
27.2 km他の地震が近海で2時間辺りの差で起きています。

6/5日、月曜日01:52JST
キラウエアデフォメーショングラフは安定したインフレ状態に転じています。新たの手法による6日零時ごろのM5規模の予想は有れば考慮していくし、なければ除外していくという参考的な予想です。10日正午辺りの地震はM5.5辺りと予想されます。これから精査していきます。

6/5、月曜日07:22JST
*M5.2
95km ENE of Iwo Jima, Japan
2017-06-05 03:46:12 (UTC+09:00)
32.1 kmの対応地震が起きています。
二つの現象の中間辺りで起きていますので、どちらの現象か、判断はできませんでした。

6/6日、火曜日20:46JST
10日辺りに予想されるM5.5地震は
可能性が高い順
1、色丹沖
2、伊豆諸島
3、台湾近海
ですが、おそらく色丹沖の可能性が今のところ高いと予想されます。地震が起きた時には正しい地震情報を確認し従ってください。
数日先の予想なので、キラウエア傾斜計変動を観測していきます。

6/9日、金曜日02:41JST
キラウエア傾斜計summitはわずかに垂直方向のデフレを記録し、East rift zoneの傾斜計は-5microradians辺りの垂直降下デフレをこの時間に記録しています。単なる機械的ノイズ、スパイクであれば心配はいらないと思いますが気になるデータとなっています。

6/9日、金曜日08:27JST
キラウエア傾斜計垂直変動はハワイ島でのM5というハワイでは大きい地震が原因と思われます。
A Magnitude-5.3 earthquake, that occurred just after 7 am this morning about 5 km southwest of Pu,o,o;, had no immediate effect on the eruption.
M5.3
18km SE of Volcano, Hawaii
2017-06-08 17:01:19 (UTC)
7.1 km


  • 返信する

6/9日、金曜日13:11JST
M 5.6 141km ENE of Pagan,
Northern Mariana Islands
2017-06-09 08:23:43 (UTC+09:00)
8.1 kmの地震がマリアナ沖で起きています。
予想時間より27時間早く起きています。

6/10日、土曜日19:23JST
今のところ、予想に近い地震 は
M 4.5
85km SE of Kushiro, Japan
2017-06-10 07:31:11 (UTC)
22.0 km
M 4.7
88km NE of Miyako, Japan
2017-06-09 19:34:12 (UTC)
14.5 km です。

6/12日、月曜日00:30JST
予想されたM5.5地震は起きていません。

先に6/2に指摘したマリアナ沖の地震が起きています。予想の出発点が同じ場所であったので、一部の結果も同じであったと思われます。
なお、予想された時間内(5時間早い)で、M4.5の地震が予想範囲地域で起きていました。

6/14日、水曜日08:38JST
キラウエア傾斜計は比較的急な降下を今から10時間前に開始しています。
その間、起きていた地震が
USGSではM4.6、気象庁ではM5.2の父島近海の地震でした。今回の降下がこの地震のことなのかと思いますが、USGS判断ではM4.6ですので、ここ数日先の海洋性地震の可能性もありますので注意が必要だと思われます。
今のところの予想時間は16日午前8時辺りを中心に±12時間と予想しています。場所は遠洋だと思われます、地震が起きた時には正しい地震情報を確認し従ってください。

6/16日、金曜日02:56JST
キラウエア傾斜計は-5microradians辺りの降下を記録しています。いまだ反転していません。
地震の可能性がある場所として、千島列島のM5地震の可能性と北海道近海の地震の可能を予想しています。

6/16日、金曜日21:54JST
今回、予想範囲での時間に発振していません。
新しい方式も加味した予想です。失敗していますが、時間単位の予想ができなければ地震の被害を少なくすることはできないと思い、挑戦しています。数日という範囲から時間単位に変えた予想にしています。参考程度としてください。
次の予想時間は17日18時を中心にした、千島、沖縄近海のM5地震と予想しています。

6/17日、土曜日01:32JST
キラウエア傾斜計は-5microradians以上のデフレを経験してインフレに転じましたが1microradian近く上昇した後にフラットになっています。珍しい状態です。このような現象は2011年2月21日に起きていたと記憶されています。当時、22日辺りで沖縄、東日本、伊豆諸島、千島で地震が増えていました。これから注目していきます。

6/18日、日曜日21:50JST
M 4.8
168km ENE of Iwo Jima, Japan
2017-06-18 11:18:54 (UTC)
31.4 km
M 4.8
273km WNW of Chichi-shima, Japan
2017-06-16 19:05:58 (UTC)
501.8 km                M 4.6
265km WNW of Chichi-shima, Japan
2017-06-13 14:31:57 (UTC)
435.1 km
の地震が発生していますが、対応地震では有りませんでした。西之島の噴火活動の影響によるマグニチュード減衰の可能性もあると思います。

6/21日、水曜日01:30JST
M5.2
14km SE of Saiki, Japan
2017-06-20 23:27:41 (UTC+09:00)
51.2 kmの対応地震が起きています。
時間予想は難しいですが、これからも継続していきます。

02:31JST追記:
これからの予想地震(参考)
1、25日12:00時を中心に±12時間M5辺り九州南部、沖縄近海
2、30日、20時辺りを中心に±12時間M5辺り
伊豆半島沖合い、福島沖合い
と予想してます。
これからの変動により予想も変わります。


  • 返信する

02:31JST追記:
これからの予想地震(参考)
1、25日12:00時を中心に±12時間M5辺り九州南部、沖縄近海
2、30日、20時辺りを中心に±12時間M5辺り
伊豆半島沖合い、福島沖合い
と予想してます。
これからの変動により予想も変わります。

6/24日、土曜日02:42JST
25日のM5地震(参考)は予想時間を6/25日22時辺りを中心と変更し、±12時間とします。

6/25日、日曜日08:12JST
*M5.2
30km W of Ina, Japan
2017-06-25 07:02:16 (UTC+09:00)
10.0 kmの対応地震が起きています。
キラウエア傾斜計データ、他のデータをプラスした予想なので日本時間を使用中です。
相変わらず書き込みがウマくできません。
書き込みたいことが書けない場所となっているようです。

6/26日、月曜日01:35JST
7月上旬のM5.5地震の可能性も出てきていますので、情報に注意してください。
「ナマジーと愉快な仲間たち」でも書き込みしていますので参考にしてください。

6/26日、月曜日09:05JST
30日に予想される地震を20時中心から、9時中心±12時間とします。

6/27日、火曜日08:22JST
M4クラスの余震、28日日中にある可能性もあります。
30日前後に予想される地震は千島など遠洋の可能性もあります。これからのグラフ変動次第です。
6/28日、水曜日01:36JST
30日(29日含む)に予想されるM5.5地震は父島近海の可能性が一番あると予想しています。

6/28日、水曜日23:32JST[
M5.4
101km E of Shikotan, Russia
2017-06-28 21:07:30 (UTC+09:00)
49.0 kmの対応地震が千島沖合で発生しています。発振時期は新たなデータの見方の失敗。
発振場所はデータの読み間違えでした。
なお、父島近海の予想は7月上旬の予想のものでした。

6/29日、木曜日02:56JST
7月上旬の地震予想ですが、2日午前、午後の2回ほどの東日本辺りでM5辺りの地震が予想されます。5日辺りの地震の予想はまだ分かりません。

6/30、金曜日14:12JST
6月29日に予想した午前、午後の二回ほどの地震ですが、計算が間違っていましたので訂正します。
3日正午〜4日午前、5日18時〜6日23時辺りと訂正します。あくまでも参考です。

7/1日、土曜日00:40JST
*M76km N of Hirara, Japan
2017-06-30 23:04:02 (UTC+09:00)
99.6 kmの24日予想の対応地震が予想時間内に起きています。

7/1日、土曜日19:55JST
3日23:55辺りを中心に±12時間のM5.5予想地震(参考)の起きる場所は東日本、福島沖合そして硫黄島近海の可能性があります。
地震が起きた時には正しい地震情報を確認し従ってください。
7/2日、日曜日08:28JST
M5.2
27km E of Chitose, Japan
2017-07-01 23:45:53 (UTC+09:00)
34.9 kmの対応地震が起きています。
予想日時を失敗しています。

7/5日、水曜日01:51JST
3日に予想された地震は1日に起きたと解釈します。2回目の地震は6日20時を基準に±12時間と参考予想しておきます。場所は宮古島、色丹周辺、硫黄島などの遠洋の可能性を予想しています。

7/6日、木曜日19:15JST
*M5.1
166km SE of Kamaishi, Japan
2017-07-06 15:42:26 (UTC+09:00)
10.0 kmの対応地震が起きています。
地震は予想範囲の時間に起きていますが、場所の特定に失敗しています。


  • 返信する

7/7日、金曜日19:47JST
ぐりぐりさん、ご心配をおかけしたようですね。ありとうございます。
月末と上旬は少し仕事が忙しくなります。
書き込みも少なくなりますが、6/26日の書き込みの中で書き込みは 行われていました。

7月上旬の地震の可能性を追っていました。
大きな地震は予想していませんが、やはりM5.5地震となると予想に緊張が生まれます。
今は、予想されるM5地震は無く少し安心しながら、書き込んでいます。書き込みですが、
もう少し予想の精度があがるなら、書き込みの回数も増えるかも知れませんが、今はまだそのレベルになっていません。もう少しなのですが、ここから先が大変です。

暑いので健康に注意し、お互いにがんばりましょう。

7/7日、金曜日22:22JST

M32km ESE of Marumori, Japan

2017-07-07 21:48:36 (UTC+09:00)

63.4 kmの対応地震が起きています。
先の予想時間範囲の地震のあとの地震を予想できませんでした。(予想時間13時間はずれ)
熊本地震のときの反省はできていませんでした。

7/11日、火曜日13:20JST
M14km SW of Tarumizu, Japan

2017-07-11 02:56:36 (UTC)

16.7 km
の対応地震が起きています。
今回も予想できていませんでした。

7/12日、00:11JST

M5.0
54km SSE of Korsakov, Russia

2017-07-11 13:35:57 (UTC)

340.6 kmの対応地震がおきています。
今回も予想されませんでした。

7/12日、火曜日01:06JST
キラウエア傾斜計はフラットのままです。
急な降下を開始しした場合に注目しています。
今のM5.5地震予想は17日後半±12時間となります。
これからの変動により変更もあります。


  • 返信する

7/13日、木曜日01:16JST

17日18:00を中心にした±12時間を予想したM5.5地震は、先月の25日に起きた地震に近い反応が傾斜計グラフデータに見受けられます。
内陸型の可能性もあります。

7/13日、木曜日07:59JST
M5.9
180km ESE of Hoemul-li, North Korea
2017-07-13 04:48:08 (UTC+09:00)
558.7 kmの対応地震が北朝鮮沖合で起きています。予想は外れ、発表していませんが、この延長上に17日は予想されています。

7/20日、木曜日01:37JST
M5.2
Ryukyu Islands, Japan

2017-07-19 07:15:27 (UTC)99.4 kmの対応地震が予想時間範囲16時間外れて起きていました。
地震予想時間は今、どこまでの範囲、時間が有効化を検証中ですので、外れる可能性も高くなっています。

7/22日、土曜日08:15JST
最近の日本周辺とその近海の地震。
4.6
7km E of Shiroi, Japan
2017-07-21 07:07:46 (UTC)
71.9 km
5.1
171km E of Pagan, Northern Mariana Islands
2017-07-20 23:32:15 (UTC)
47.6 km
4.7
145km NNW of Farallon de Pajaros, Northern Mariana Islands
2017-07-20 15:43:52 (UTC)
106.3 km
5.8
52km E of Namie, Japan
2017-07-20 00:11:25 (UTC)
34.6 km
25日午前中のM5規模の地震を予想しています。

24日月曜日、08:45JST
M5.6
135km ENE of Miyako, Japan
2017-07-23 15:35:41 (UTC)
10.0 km
7/24 00:35JST日本時間に対応地震が起きています。予想と時間にズレが生じていますがいずれ修正できる問題です。

7/26日水曜日、21:55JST
M5.9
174km SSE of Naze, Japan
2017-07-26 19:32:57 (UTC+09:00)
10.0 kmの対応地震が起きています。
次に予想されるM5.5地震は
8月2日午前零時を中心にした時間
8月4日午前7時を中心にした時間
と予想されます。


  • 返信する

他に、太陽系磁場、大陸系プレート変動も参考(自説)にしていますので、地震予想まだまだ の状態であり、個人の力の限界も感じています。<中略>今、個人としてできるのは何所まで有効かを調べてることだけです。

元気をだして下さいね。
消極的な表現をみて心配になりました。

個人だからこそSYSTEMATICではない独自の解析が出来る事も有ると思います。

ご自身の優秀な頭脳を中心にして 推論等を展開されるべきだと 私は思います。

誤解でしょうが.可能になったとしても余りAI頼りでは 正確には貴方の論説には.なりません。

それぞれの地震発生を的中させるか.どうかが.必ずしも最重要ではないと思います。
完璧な解析だけなら.それが良いなら 全てスパコンに任せれば良い事になります。
人間が多数のデ−タを源に極めてフラクタルな地震発生を解析推論する.

解析するのは人間であって.また貴殿の推論をみて参考にしたりするのも人間です。

そのプロセスにも重要な価値があると私は個人的には思います。

詳しく理解できていないのに失礼ですが.貴方ご自身の アナログな解析方法にも素晴らしい価値と意味が有ると思います。


  • 返信する

6/5日、月曜日01:22JST
ぐりぐりさん、こんばんわ。
私の書き込みが、「新たな地震の予知につながる参考になること」もこの書き込みの一つなんです。ご理解いただきありがとうございます。
3.11直前のキラウエア変動が前兆であったのかという思いからこの書き込みは始まっています。このことは以前にも書き込んでますのでご存じだと思います。
 調べ始めますと、キラウエア変動が日本周辺の地震と関連が有るというデータが出てきましたが、説明できない月データも出てきましたので、他の関連を当たり、そのデータを入れ込んだところP値が出るように再度なりました。しばらくすると、今度は有る月を経て、P値が出なくなりましたので、原因は何かと思っていたところ次の月に西ノ島新島の火山活動が始まりました。火山活動と地震の関係も考慮しなければならいと思っていたところ、数ヵ月後にP値が復活しました。しかし、今度はM5地震の発生回数が月に10回以上となり、4日以内のM5地震P値と根拠が出てきません。
今度は、さらに予想期間を少なくし、さらに時間単位で考えねばと思うようになり、ある現象ともう一つの現象から日にちと時間を割り出す作業に入っていますが、手間のかかる作業であり、仕事もしていますので、AIが有ればという思いで書き込みました。やはり、是も持論であり、まだ検証も途中というよりも始まったばかりですので、持論公開できないことを御理解下さい。


  • 返信する

6/12日、月曜日:6;15
おはようごさいます誠さん 。

またも.今朝震度1以上の群発地震が始まりました。

おそらく数日前から震度0で微少地震が発生していたのかも知れませんが何をみればよいのかも知らず実際の処.調べられていません。

現在の伊豆大島近海地震発生のメカニズムを高いレベルで理解している訳ではないのです。

個人的なご意見を伺いたいと思います。

宜しくお願い致します。


  • 返信する

*伊豆大島近海地震発生のメカニズムを高いレベルで理解している訳ではないのです。

個人的なご意見を伺いたいと思います。

宜しくお願い致します。
***
返信が遅くなりました。(お便り確認していませんでした。)orz
私は学者でもなく、地質学の知識もないことに変わりはありませんので、個人的な推測しかできません。地震との相関関係は探していますが因果関係はやはり専門家の領域なのでしょう。
それぞれの分野の人がその生涯をかけて立ち上げる論理と検証の努力の賜物だと思います。
*私は太平洋プレートの圧力と地震との相関関係を探しています。大島近海での地震が増えていますね。やはり、3.11でおきたプレートの移動によりその圧力が関東南部に集まってきていると見ても大きな間違いはないと思います。東南海地震の固着が強いか、関東南部地震の固着が強いかにより大きな地震が先に起きるかが決まると思います。個人的には関東南部地震から後に裂けるように東南海の固着を破壊するのかと推測していますが、これからの皆さんの検証によりより確実なものになることを期待しています。東日本震災の余震も増えていますし、大島近海の小さな地震も増えているようです。キラウエア傾斜計のグラフが3.11当事と似てこないことを願っています。答えになっていますか。

7/27日木曜日、01:55JST
キラウエア傾斜計はフラットの状態を維持し続けています。
このような場合には、大陸方面と太平洋プレートの緊張状態が高まった場合に見られる現象となります。
過去にも、ネパール地震のときにもこのような状態が続き、一度インフレに転じて被害が出た地震が起き、さらにグラフの降下時点で大きな余震に見舞われています。
中国大陸方面だと思いますが、大陸プレート境界線は日本にもつながっていますので、中央構造線の東西にも注意が必要になります。


  • 返信する

7/30日日曜日、23:34JST
キラウエア傾斜計の降下を受けまして、2015年7月〜8月中旬のUSGU 地震アーカイブを調べると、傾斜計特性と地震発性場所が一致しています。
M5.3
265km ESE of Iwaki, Japan
2017-07-30 21:45:06 (UTC+09:00)
16.6 kmの地震を受けまして、次の地震発性可能性が高いと思われる場所が予想されました。
1、福島沖合、浪江近海
2、茨城沖合
3、関東内陸
の可能性が有ります。
アウターライズ近海の地震の反動での、本土近海の可能性が出ていますので、地震が起きた時には正しい地震情報を確認してください。
さらに、内陸の場合に備えて、落下しやすいものは整理し、怪我の無いようにしてください。

8/2水曜日、02:27JST
M5.0
6km W of Kitaibaraki, Japan
2017-08-01 17:02:05 (UTC)
6.5 kmの対応地震が起きています。
USGS地震規模評価と実際の揺れ方が違うように思えます。

8/5日、土曜日00:37JST
*M 5.1
55km WNW of Ishigaki, Japan
2017-08-04 20:19:46 (UTC+09:00)
67.0 km
M 4.7
221km ESE of Hachijo-jima, Japan
2017-08-04 18:49:07 (UTC+09:00)
10.0 km
の対応地震が予想範囲の時間で起きています。
今回の前兆はここまでとなる可能性が有りますが、今回のDI現象に伴う、太平洋周辺のM6.5規模の地震がまだ起きていません。非常に気になる事象です。

6日、日曜日09:28JST
上記の太平洋周辺のM6地震の可能性が高い地域はパプアニューギニア方面、26時間以内と予想されます。データが少ないのであくまでも参考として、お願いいたします。
場所により、津波の可能性もありますので、情報に注意してください。

6日、日曜日23:44JST
M5.7
52km WNW of Kirakira, Solomon Islands
2017-08-06 09:15:10 (UTC+09:00)
72.8 kmの地震が起きています。
ほぼ、私が書き込んだ時間に起きていました。
この地震の事だと思います。規模が全く違いました。

9日、水曜日02:01JST
キラウエア傾斜計はDIデフレ中です。
M4後半規模の地震はここ24時間以内に有るでしょう。M5.5規模の可能性は14〜18日の範囲内だと思われます。場所は複数だと思われます。東日本近海はその一部だと予想されます。
詳細は後になります。


  • 返信する

8/9日、水曜日03:17JST
6.5
35km WSW of Yongle, China
2017-08-08 13:19:49 (UTC)
9.0 kmの地震が中国大陸で起き、死傷者も60人以上出ているようです。
7/27にここで指摘した中国方面のプレートストレスによる地震だと思います。
お役には立てませんでした。

追記:拍手を2いただいていましたが、ゼロ表示になっていますね。
人の拍手をわざわざ
ゼロに訂正する理由を知りたいものです。
おそらく、私にいただいた拍手はそれなりの数が予想されます。拍手してくれた方、ありがとうございます。
あまりの操作が行われた場合にはここを去ることにいたします。

8/10日、木曜日13:08JST
M 5.0
7km SE of Shiroi, Japan
2017-08-10 09:36:30 (UTC+09:00)
59.6 km
の対応地震が起きています。
M4後半の地震は予想していましたが、7時間遅れて起きています。
追記:先の書き込みから3っの拍手が消されています。もう少し大きな地震予知関連へ移動するかもしれません。

8/11日、金曜日02:43JST
キラウエア傾斜計は先ほどデフレに転じていました。これからの予想ですが、12日午前零時
辺りでM5近い地震が関東周辺と沖縄方面に予想されます。先の予想14日地震については、起きるのかおきないのか、いまだに不明確です。起きるとすれば、九州南方だと予想されます。16日〜18日に予想されるM5.5地震は関東近海または内陸、沖縄方面の可能性も予想されます。検証中です。

M5.0
85km E of Severo-Kuril'sk, Russia
2017-08-10 07:07:51 (UTC)
68.7 km

8/12日、土曜日07:58JST
予想された地震の範囲と思われる
M4.5
161km NNW of Naze, Japan
2017-08-12 05:16:12 (UTC+09:00)
203.6 kmが起きています。

8/12日、土曜日20:42JST
桜島の噴火活動が活発化しています。
この現象が治まったときに、(訂正8/13日09:22JST:九州西野本)九州西之表近海などで地震の可能性が高くなると予想します。
地震が起きた時には正しい地震情報を確認し従ってください。

8/13日、日曜日08:26JST
M5.3
80km S of Nishinoomote, Japan
2017-08-13 03:23:43 (UTC+09:00)
20.3 kmの対応地震が予想地域で起きています。

8/14日、月曜日10:09JST
今日の14日22時ごろに反応があるんですが、いまだに場所がわかりません。西之表近海でもう少し大き目の地震が予想されますが、はっきりしません。台湾近海、千島列島近海など、日本から離れた場所かも知れませ。まだ、力不足なのです。

8/14日、23:59JST
M 4.8
2km ENE of Shiroi, Japan
2017-08-14 18:11:34 (UTC+09:00)
109.7 km
M 4.9
133km E of Miyako, Japan
2017-08-14 12:06:00 (UTC+09:00)
10.0 km
このような地震が起きていました。

8/15日、火曜日19:42JST
キラウエア傾斜計はデフレに転じています。
予想される地震は
17日午前0〜10時辺りと予想されます。
上記の8/14日に起きた場所にM5地震が起きる可能性が有ります。内陸の場合物が落ち怪我をする可能性もありますので、整理整頓をお願いいたします。

その後、30時間以内に東日本でのM5地震が予想されます。石巻、浪江沖合など。検証中

8/16日、水曜日23:29JST
M5.7
155km WNW of Naze, Japan
2017-08-16 21:51:25 (UTC+09:00)
196.5 kmの対応地震が起きています。
予想された時間より2時間早く起きています。
場所は14日の最初に予想された範囲で起きていますが、東日本という予想地震ではありませんでした。


Re: 2: P値使用、キラウエア変動

NO.24127 眠れぬねこ ◆Uu/SZIP2OQ 2017/08/11 Fri 09:10 編集
  • 返信する

拍手
(増減現象)・・

運用者が調べるとわかるかも

関連ワード
・設定?
・アクセス過多(サーバー)?
・他?

逆に(操作)難しい?
同じ現象が他のwebでも発生していたりして(ね)


Re^2: 2: P値使用、キラウエア変動

NO.24128 誠 2017/08/11 Fri 20:19 編集
  • 返信する

眠れぬ猫さんへ
ご心配頂、ありがとうございます。

でも、今、猫さんのスレの拍手がちょうど100となっていますよ。
ここのサイトは、何かおかしいことが多すぎます。いずれ、ここを去るこになるか、
または、掲示板に戻り書き込むかも知れません。


  • 返信する

8/18日、01:48JST
2017年8月17日 15時44分頃 千葉県北西部 M3.9 の地震は起きていますが、予想された地震は今日の11時当たりを中心にした時間を予想しています。検証中
ほかの検証中予想
1、21日午前零時辺りを中心にした時間
2、23日午前零時辺りを中心にした時間

M4.7
80km NW of Nago, Japan
2017-08-21 02:00:05 (UTC+09:00)
95.1 km

M4.7
171km ENE of Miyako, Japan
2017-08-20 13:47:32 (UTC+09:00)
10.0 km

8/19日、土曜日21:24
M4.6
65km SE of Ofunato, Japan
2017-08-18 12:10:05 (UTC+09:00)
46.7 kmの地震が予想の時間と予想場所範囲にありましたが、規模がまったく違うものでした。

8/22日、火曜日03:17JST
 23日零時辺りから10時辺りの地震の可能性は桜島噴火の状態によりM5規模になるのかならないのか左右されるとおもいます。
 おそらく、その時間範囲で名護あるいは名瀬近海のM5近い地震と予想されます。

九州周辺の水平移動ベクトルから判断される注意地域は、沖縄周辺、種子島周辺、日向内陸、伊予灘周辺と思われます。

8/24日、木曜日01:37JST
23日の地震予想はまったくできていませんでした。桜島噴火活動が治まりません。西之島新島のときと
同じように推移するなら、一月後には予想回復となるかも知れません。九州周辺の動きに注意が必要であることには変化はありません。

8/24日、木曜日09:21JST
9月上旬に前兆が出ていますが、桜島の噴火による、プレート圧力(自説)によるものなのか理解不能です。他のデータを参考してみます。
追記:15:07JST
M 4.6
15km NNW of Ibusuki, Japan
2017-08-24 14:34:38 (+09:00UTC)
10.0 km

8/25日、金曜日19:29JST
地理院の月別ベクトルっを参考にすると、父島近海にMの大き目の地震が起きてもおかしくない状態だと思います。異常震域現象もありますので遠洋であっても振動を感じるかも知れません。

8/26日、土曜日13:47JST
キラウエア傾斜計は急激なデフレの兆候を示しています。まだ経過を見なければと思いますが、太平洋遠洋でのM5.5以上の地震の可能が出ています。上記の地震の可能性もありますが、桜島噴火との関係からどのようになるのかは経験不足で答えは出ません。

8/27日、日曜日09:12JST
ここ数時間から24時間辺りでM5近い地震があると予想されます。

8/27日、日曜日13:05JST
M5.0
4km NW of Kitaibaraki, Japan
2017-08-27 11:26:03 (UTC+09:00)
4.3 kmの対応地震が起きています。

8/28日、月曜日00:59JST
28日11時辺りを中心にした時間
30日11時あたりを中心にした時間
M5近い地震の可能性を予想していますが、火山の状態によると思います。

8/29日、火曜日00:45JST

28日11時18分頃 石垣島近海 M3.5 震度1
時間は合っていますが規模は全く違います。

30日の予想箇所は北海道東南東方向だと予想されます。地震を感じた時には正しい地震情報を確認し従ってください。

8/31日、木曜日08:53JST
M5.2
60km E of Naze, Japan
2017-08-31 07:09:00 (UTC+09:00)
9.4 kmの対応地震が予想より20時間遅れて発振していますが、場所はまったく違います。


  • 返信する

9/2日、土曜日21:31JST

3日19時辺りを中心にし、M5近い地震が予想されます。インフレ圧力が高まっていますので、関東など内陸の可能性もあります。宮古辺りの可能性もでています。


  • 返信する

9/3日、日曜日08:36JST
M5.0
East of the Kuril Islands
2017-09-03 07:45:24 (UTC+09:00)
10.0 kmの対応地震が起きていますが、複数の可能性もあります。
追記:書き込むパスワードを勝手に変更する人がいます。邪魔する意味は何なのでしょうか。


  • 返信する

9/3日、日曜日19:55JST
M4.8
232km E of Namie, Japan
2017-09-03 18:01:48 (UTC+09:00)
10.0 kmのM5近い地震が予想時間と2時間違い。
場所は宮古から200Km以内。

下記の早稲田氏の指摘もありますが、ダーク氏の指摘では、私どもの書き込みは、便所の落書きとチラシの裏側程度の場所と言われていますので、無責任と判断されるなら、そのように願います。
私は、それなりの根拠を検証中です。


  • 返信する

9(8訂正)/5日、火曜日09:33JST

キラウエア傾斜計はインフレ傾向から、平行状態を維持したままです。プレート圧力が高い状態と判断します。この状態から急な降下が起きた時のパターンにより、関東沖合又はその周辺の可能性が出てきます。ここでは、グラフを提示できませんので、説明不足にならざるを得ません。
いずれ、「ナマジーと愉快な仲間」を使用させていただき表を提示していきます。
 なお、6日午前2時辺りを中心にした時間でM5近い地震が有ると予想されます。この前に予想した範囲と少し弱いものだと思われます。

9/7日、木曜日00:37JST

6日の予想は完全に外れています。
桜島の噴火活動の活発化による圧力減衰の可能性を見ています。桜島、諏訪瀬、霧島の火山活動という予想外の減圧の結果と個人的に記録しておきます。
さて、キラウエアデフォメーショングラフはインフレ傾向を一週間続けています。5microradianns近い上昇を記録しています。
地球内部の圧力が上昇しているのでしょうか、イエローストーンでの群発地震も気になります。予想外といえば、太陽フレアもX10近いものが発生しています。最近には見られない事象です。過去の資料と照らし合わせていますが、大きなフレア後のデフォメーショングラフの急降下後にM5,8の地震が起きている場合もあります。特異なデフォメーショングラフの動きが出てくるのか注目しています。

9/7日、木曜日19:11JST
キラウエア傾斜計は急なデフレを4時間前から記録しています。このDIの深さ、時間などの規模にもよりますが、10日午前中M5規模の地震の可能性が出ています。そのほか沖縄方面の地震の可能性が出ています。まだ、関東方面なのかは、波形が完成していませんので、わかりません。

9/8日、金曜日02:01JST

海上保安庁によると、小笠原諸島の西之島は先月実施した2度の観測の際に噴火が確認されず、溶岩流も止まっていることから、専門家は「マグマの供給が停止した可能性がある」と指摘している。

日本周辺の火山活動のうち、西之島の溶岩流出活動が停止したようです。桜島などの火山活動が下火になったときに、プレート圧力が上がるものと思われます。

9/8日、金曜日08:51JST
M6.1
249km WNW of Chichi-shima, Japan
2017-09-08 02:26:49 (UTC+09:00)
448.3 kmの対応地震が予想よりも早くおきています。

9/8日、金曜日19:24JST
上記の父島M6クラスの地震、メキシコのM8クラスの地震にも揺るがないキラウエアのDIデフレション。そろそろデフレ傾斜が緩やかになると予想されます。インフレとの転換点に、千葉県波崎周辺での地震の可能性もありますので、倒れやすいものは整理することなどをお勧めします。

9/9日、土曜日02:35JST

2017年9月8日 22時23分頃
秋田県内陸南部 M5.2
というM5クラスの地震が起きていますがUSGSでは地震がまったく無いことになっています。
精度に問題があるのでしょう。

キラウエア傾斜計はデフレ状態からなだらかな状態に移行するようです。
今しばらく、警戒が必要だと予想されます。時間は9日午後15時辺りから10日午前中の可能性が残っています。地震が起きたときには正しい地震情報を確認し従ってください。

9/9日、土曜日09:33JST
桜島の噴火、噴煙高度積算値が5万m以上となりました。

9/10日、日曜日01:32JST

桜島噴煙積算値(UTC時間)今日の今までの積算は13100m通常であれば、高い数値ですが、昨日の数字はあまり見られるものではないようでした。九州地方では桜島の動きがもう少し下がるようだと発振(0scillation)の可能性も出てきます。今は、キラウエア傾斜計グラフから判断される発振地域は、東関東、波崎近郊の可能性もあります。傾斜計DI転換点が近くなってきましたので、上記の対策をお薦めします。

9/10日、日曜日08:46JST
キラウエア傾斜計は-6.4microradians辺りのデフレを記録しています。インフレ開始から
+5microradians上昇した後に、それ以上の降下を記録中です。予想外の降下(私見)が何を意味するかはわかりませんが、まだ転換点には到達していません。また、秋田県の地震がUSGSに記録されていませんが、これの意味を考えると
1、地震の震源を能力的に特定できなかった。
2、地震波が他の地震とかぶった。
3.震源と監視施設との間に何かある。
だと思います。


  • 返信する

9/10日、日曜日18:38JST
M5.4
77km SE of Shizunai, Japan
2017-09-10 08:44:24 (UTC)
42.9 kmの対応地震が起きています。
キラウエア傾斜計はV字型インフレを開始していません。この地震以後インフレになれば安心なのですが、まだ分かりません。

9/11日、月曜日00:01JST
キラウエア傾斜計は北海道南部沖合い地震以後、インフレ傾斜に転じました。M5.4地震であり、M5.5地震に近い地震でありましたが、千葉近郊地震ではありませんでした。9/11日の9時近くを中心にした時間の可能性もまだ捨てられませんので、引き続き上記の対策を薦めます。

8/11日、月曜日09:34JST
キラウエア傾斜計はfluctuation揺らぎを記録しています。そのfunction相関関係を探さねばと思いますが、1/fの範囲であろうと推測しています。

8/11日、月曜日18:46JST
M4.6
9km W of Itsukaichi, Japan
2017-09-10 15:51:08 (UTC)
66.0 km関東南部で地震がありました。
キラウエア傾斜計は大きな波の中に小さな波を立てた変動を記録中です。
この揺らぎがどのように変化するかですが、プレート内の圧力が微妙に変動していると推測されます。

9/12日、火曜日09:14JST
M5.6
133km SE of Iwo Jima, Japan
2017-09-12 02:35:12 (UTC+09:00)
56.2 kmの対応地震が起きています。
予想されたM5.5以上の地震です。

9/18日、月曜日01:40JST
キラウエア傾斜計は7日間におよぶインフレを記録しています。これから溶岩底(湖面)がr/fを起こし、さらに大きなrise and fallを繰り返すかに注目しています。

9/19日、火曜日00:39JST
キラウエア傾斜計グラフは2016年3月15日〜4月13日グラフと似ています。桜島噴火状況ともに近い状態と判断できます。桜島の噴火状態しだいでしょうが、もし噴火が一時的にも収まるのであると仮定すると、九州地域ではM5.5地震に注意が必要と判断できます。倒れやすい物は整理することをお薦めします。今回、予想が難しいのですが、念のため。

9/19日、火曜日03:02JST
予想される日は21日、正午を中心にした時間と予想されます。場所は火山噴火が継続している場合は、大島近海などのM5あたりの地震と予想されます。
追記:20日、19:47JST
M4.9
Izu Islands, Japan region
2017-09-20 18:01:56 (UTC+09:00)
51.7 km


  • 返信する

9/20日、水曜日08:51JST

キラウエア傾斜計はメキシコ地震、および下記の地震以後も比較的フラット状態です。
まだ注意が必要だと予想されます。
M5.3
62km ESE of Namie, Japan
2017-09-20 05:18:07 (UTC+09:00)
34.2 km(USGS)
さらに、その前に
2017年9月19日 18時33分頃 豊後水道 M4.2(日本気象協会)の地震が九州周辺で起きています。
昨日の桜島噴煙高度累積も3万m近い(午前2:30現在)数値を出しています。活発な動きだと思います。
いずれにしろ、もう少し様子をみる必要が有ります。

9/21日、木曜日02:14JST
M281km ESE of Kamaishi, Japan
2017-09-21 01:37:16 (UTC+09:00)
10.0 kmの対応地震がアウターr
追記:
上記のかきかけ以後、打ち込みはまったく不能となりました。なぜ妨害を行うのでしょうか。
この続きは「ナマジーと愉快な仲間たち」に書き込んでおきます。時間をだいぶつぶされましたことを報告しておきます。
さらに追記:
M6.1
281km ESE of Kamaishi, Japan
2017-09-21 01:37:16 (UTC+09:00)
10.0 km上記訂正ぶん。
M5.3
77km SSE of Hualian, Taiwan
2017-09-20 23:29:56 (UTC+09:00)
22.0 kmの対応地震も追加しておきます。

9/23日、土曜日00:23JST
キラウエアデフォメーショングラフ(時間軸X
週間、縦軸microadian)
Y'=-0.5X近い状態になってます。
強震モニター反応が目立つのは波崎周辺です。
桜島火山活動もここ数日低いように見られます。DI転換点に注目しています。

9/23日、土曜日13:36JST
傾斜角度はフラットに近い状態ですが、上昇局面に転じていません。
M5.3
224km SSE of Hachijo-jima, Japan
2017-09-23 08:49:30 (UTC+09:00)
31.0 kmの地震がhasakiとは離れた場所ですが
M5地震が起きています。

なお、私はある現象とある現象と日本周辺の地震検証中です。まだデータ不足であり、地球は変化していますので、まだ時間が必要です。
そのことを御承知下さい。

9/24日、日曜日02:37JST
25日零時あたりを中心にした時間が予想されます。キラウエア傾斜計のDI転換点はまだ起きていませんので、もうしばらくM5地震に注意してください。(強震モニター室蘭という報告があります。)(転換点に近いので注目しています。)
次に予想されるM5地震日にちは、28日あたりと予想されます。(検証中)

9/26日、火曜日00:53JST
25日午前零時の可能性も計算ミスです、改めて直すと、ちょうど今頃の時間あた(ら)りが可能性の中心時間ですが、M5近い地震も起きていません。

9/27日、水曜日08:46JST
M5.9
77km ESE of Hachinohe, Japan
2017-09-27 05:22:11 (UTC+09:00)
32.4 kmの対応地震が起きています。
28日零時予想として、27日も範囲に入りますが、ぎりぎりです。今回も、さらにもう少しの間M5地震の可能性もあります。場所は相変わらず外れていますが、室蘭強震モニター点滅との関係はこれから調べていきます。最近、M5.5を越える地震が数回起きています。陸地内で起きないことを願います。

9/28日、木曜日22:35JST
M5.3
248km NW of Chichi-shima, Japan
2017-09-28 20:29:45 (UTC+09:00)
10.0 kmの対応地震がもうひとつの時間内調度に起きています。


  • 返信する

9/29日、金曜日08:43JST
キラウエア傾斜計は−5microradiansu地殻の変化(降下の)後、おおよそ3.5microradiansの上昇後フラット状態になっています。
これから3つのことが予想できます。
1、デフォグラフがインフレに転じる
2、デフォグラフが一日で数microradiansの急な降下になる。ここまでは通常ですが、
3、注目される現象は、なだらかな長期的デフレグラフに転じることです。
この場合は大きめのプレート異常が起きている可能性を予想できます。

どのように変化するのでしょうか?

9/30日、土曜日09:55JS
資料不足で判断できませんが、今日中にM5地震が起きなければ(M5可能性ぎりぎり外)、しばらくM5地震の可能性もへると予想されます。

10/2日、月曜日08:29JST

M4.5
65km NNE of Miyako, Japan
2017-10-01 23:20:28 (UTC+09:00)
57.3 km

M4.9
21km NW of Kitaibaraki, Japan
2017-10-01 10:25:07 (UTC+09:00)
10.0 km

M4.7
230km WNW of Chichi-shima, Japan
2017-10-01 06:07:31 (UTC+09:00)
485.8 km
最近の地震の一部です。
USGS評価Mw基準とMj基準の地震規模評価数字がだいぶ違うようです。

10/2日、月曜日15:12JST
Sulfur dioxide gas release is elevated above the pre-2008 eruption background rates, and fluctuates with lava lake spatterinig.
キラウエア、溶岩湖(底)のガス噴出は2008年噴火環境(背景)レートとして、当事の噴出量以上に、上昇されています。

*2008年3月19日、84年ぶりにハレマウマウ火口が爆発を起した

*追記資料 参考資料に過ぎません。
2008年(平成20年) 5月8日 茨城県沖で地震 - Mj 7.0(Mw 6.8)、茨城県水戸市と栃木県茂木町で最大震度 5弱。午前1時45分に本震、同日午前1時2分頃にMj 6.4、その14分後にMj 6.3の地震。

6月14日 岩手・宮城内陸地震 - Mj 7.2(Mw 7.0)、岩手県奥州市と宮城県栗原市で最大震度 6強。山崩れや地滑りが多発。死者・行方不明者23人。一関西で観測された4,022ガルがギネス世界記録に認定[135]。

7月24日 岩手県沿岸北部で地震 - Mj 6.8(Mw 6.8)、深さ108km。青森県八戸市・五戸町・階上町、岩手県九戸郡野田村で最大震度 6弱。死者1人。なお、岩手・宮城内陸地震との関連性は薄いとされている。
9月11日 十勝沖で地震 - Mj 7.1(Mw 6.7)。北海道新冠町、新ひだか町、浦幌町、大樹町で最大震度 5弱。

2009年(平成21年) 8月9日 東海道南方沖で地震 - Mj 6.8(Mw 7.0[136]〜Mw 7.1)、深さ333km、関東から東北地方南部にかけて最大震度 4[137][138]。

8月11日 駿河湾で地震 - Mj 6.5(Mw 6.3)[139]、静岡県御前崎市・牧之原市・焼津市・伊豆市で最大震度 6弱。死者1人。最大40cmの津波を観測。気象庁は史上初の東海地震観測情報を発表[140]。

10/3日、火曜日09:27JST
Summit Observations: Summit tiltmeters have recorded unusually consistent ground tilt over the past several days. As expected, the level of the lava lake has also been consistent, and was about 34 m (112 ft) below the rim of the Overlook crater when measured this morning.

キラウエア傾斜計はここ数日(5~6日)通常とはいえない一定した傾斜を記録し続けている。
溶岩湖面もまた一定した状態で、淵からおおよそ34m(旧淵から26m)であった。

ガス噴出量、傾斜計ともに通常ではない現象が出ています。


  • 返信する

10/06日、金曜日02:46JST
キラウエア傾斜計は揺らぎを伴いつつも大きな変化は記録していない。溶岩湖(底)も揺らぎが大きくなりつつも一定の深さと思われる状態が続いている。このことから推測されることは大き目のスロースリップが起きている可能性を予想しています。傾斜の上昇を、ゆっくり地震が抑えている可能性という意味です。
この相対的な微妙な動きによると思いますが、一時的な上昇を伴うのか、ゆっくりと降下するのか、急激な降下なのか、これからの推移に注目していきます。

10/06日、金曜日21:19JST
M6.0
255km ESE of Ishinomaki, Japan
2017-10-06 16:59:33 (UTC+09:00)
10.0 km
アウターライズ海域で、地震が起きています。
キラウエア傾斜計の異常などがありながら、予想を出せませんでした。また、このM6地震にもかかわらず、傾斜計は大きな変動を記録していません。おそらくここ数日は注意が必要と予想されます。10日午前零時辺りを中心に注意が必要と予想しています。地震が起きたときには正しい地震情報を確認し必ずしたがってください。また、岩手などの内陸地震の可能性も出てくるかも知れません。

10/07日、土曜日00:21JST
M5.4
28km ENE of Iwaki, Japan
2017-10-06 23:56:40 (UTC+09:00)
の対応地震が起きています。
47.4 kmM
追記:00:23JST
キラウエア傾斜計にこの地震にもかかわらず変化がありませんので、引き続き注意が必要です。倒れやすいものは整理しておくことを薦めます。

10/07日、土曜日23:08JST
上記の予想10日午前零時M5地震の可能性は
9日午前零時、11日午前中の可能性に訂正します。地震が起きた時には正しい地震情報を確認し従ってください。

10/09日、月曜日19:42JST

2017年10月8日 23時54分頃 茨城県南部 M3.5

予想時間に地震が起きていますが、規模はまったく違います。太平洋上ではM6地震が2回その周辺の時間で起きていますが、日本周辺はM4.5規模辺りが起きたのみでした。

10/11日、水曜日09:17JST

火  山:霧島山(新燃岳)
日  時:2017年10月11日05時34分(102034UTC) 第1報
現  象:噴火
有色噴煙:火口上300m(海抜5700FT)
白色噴煙:
流  向:北東
---
噴煙量:少量
火山活動と地震活動の相関関係は、今まで述べているようにあると思います。(検証していない)
今回、この火山活動がM5地震の変わりなのでしょうか。

10/12日、木曜日02:47JST
キラウエア傾斜計は相変わらずのフラット状態です。このような傾斜計記録のアーカイブを調べたところ、2015年4月1日〜22日の間の変化に似た動きとなっています。中国大陸の圧が上がった結果と思われる櫻島、阿蘇山の噴火が起きて、インフレに転じ、台形方のグラフを描いていました。当事の2回のネパール地震へと続きました。当時日本周辺の地震は台湾、沖縄周辺に数度のM5以上の地震が起きて、その後にグラフはインフレに転じ、中国大陸周辺の被害が出た地震へと移項していました。
中国国内の地震にも注意が必要と判断しています。
M5.1
75km NW of Gyamotang, China
2017-10-12 16:52:28 (JST)
10.0 km
M5.0
108km ESE of Iwaki, Japan
2017-10-12 15:12:39 (JST)
23.8 km

10/12日、木曜日09:42JST
(訂正韓国岳が噴火)韓国岳カメラからの映像によると新たに噴火したような映像があります。
情報はありませんが、近郊の地域の方は火山情報を確認してください。
火  山:霧島山(新燃岳)
日  時:2017年10月12日09時00分(120000UTC) 第1報
現  象:連続噴火継続
有色噴煙:火口上1700m(海抜10300FT)
白色噴煙:
流  向:直上
---
03時以降の最高噴煙高度:火口上1700m(海抜10300FT)
火口:新燃岳
11日05時34分に発生した噴火が現在も継続
今後も噴火が継続する場合は定期的に通報する
噴煙量:中量


  • 返信する

10/15日、日曜日09:27JST
M5.0
37km S of Makurazaki, Japan
2017-10-14 06:34:09 (JST)
147.8 kmの対応地震が起きています。

10/15日、日曜日14:29JST
上記の薩摩西方沖合いの地震を大陸側の動きを示すものと仮定した場合、中国側のプレートの圧力が出ている可能性を示しています。
太平洋プレートとの圧力の挟撃を見なければなりません。したがって、ここ数日の地震の複数回の可能性を高めるものと予想されます。
この場合、16日15時、17日12時、18日12時21日7時、あたりを中心にしたM5近くの地震が予想されます。地震が起きたときには、正しい地震情報を確認し従ってください。

10/18日、水曜日20:17JST

M4.7
186km E of Korsakov, Russia
2017-10-18 18:07:15 (UTC+09:00)
10.9 km
M4.9
39km SSE of Shizunai, Japan
2017-10-18 08:48:53 (UTC+09:00)
62.6 km
M4.6
91km WNW of Vostok, Russia
2017-10-18 01:54:09 (UTC+09:00)
537.4 km
M4.8
293km SE of Hachijo-jima, Japan
2017-10-16 21:47:22 (UTC+09:00)
10.0 km
M4.9
188km ESE of Nago, Japan
2017-10-15 22:35:45 (UTC+09:00)
10.0 km

火  山:霧島山(新燃岳)
日  時:2017年10月17日00時30分(161530UTC)頃 第1報
現  象:連続噴火は停止したもよう
有色噴煙:
白色噴煙:不明
流  向:不明
---
天候不良のため噴煙状況不明
21時以降の最高噴煙高度:不明
火口:新燃岳

14日15時05分に発生した噴火は17日00時30分頃に停止したもよう

*やはり連続噴火による、規模低減の可能性は有るようです。M5近い地震でした。

10/19日、木曜日19:42JST
M5.8
168km E of Naze, Japan
2017-10-19 18:02:01 (UTC+09:00)
10.0 kmの対応地震が起きています。
18日でもなく21日でもありませんでした。
追記:
M5.0
148km ENE of Hasaki, Japan
2017-10-22 00:50:54 (UTC+09:00)
10.0 kmの対応地震がおきています。
予想中心から17時間差でした。

10/23日、月曜日09:43JST
キラウエア傾斜計はインフレ傾向に転じています。大陸方面の圧力を予想すると沖縄、台湾、中国大陸を中心にM5地震の可能性が高いと判断しています。24日零時、25日正午を中心にしたM5規模の地震を予想しています。
追記:
M4.9
95km E of Shikotan, Russia
2017-10-23 21:26:19 (UTC)
49.0 km
Mj5.4の地震が起きています。ずいぶんとおおきな差が出ていますね。

10/24日、火曜日02:28JST
25日正午を中心にしたM5規模地震ですが、前兆が3つその時間に重なっています。
上記のほかに関東周辺の可能性も出ていますので、地震が起きたときには正しい地震情報を確認し従ってください。


  • 返信する

10/28日、土曜日12:57JST
M4.9
247km ENE of Kuril'sk, Russia
2017-10-27 18:38:39 (UTC+09:00)
67.4 km
M4.7
130km SSE of Itoman, Japan
2017-10-27 02:16:59 (UTC+09:00)
10.0 km
M4.7
185km ENE of Miyako, Japan
2017-10-25 19:50:22 (UTC+09:00)
10.0 km
M4.6
65km S of Hachijo-jima, Japan
2017-10-24 23:41:41 (UTC+09:00)
114.7 km
M4.9
95km E of Shikotan, Russia
2017-10-24 06:26:19 (UTC+09:00)
49.0 km
以上の地震が起きていますが、対応地震は起きませんでした。
マクロ的視点で(5年間)見直しています。
何か分かりましたら報告します。

12/30日、月曜日14:34JST
台湾近海Mj5.3、USGSMw4.9の地震が起きています。
今、2013年3,4,5月の資料
  2014年3,4,5,6,7月の資料
  2015年3,4,5月の資料
  2016年3,4,5,6月の資料
等を調べています。
M7以上の地震について、関連が少しあるようなデータらしきものが出ています。
最近のM5規模地震の評価減少につながるかも知れません。

11/1日、水曜日02:39JST
キラウエア傾斜計は相変わらずフラットに近い
状態で、溶岩底(湖面)も数メートルの上昇範囲で経過しています。おそらくプレー圧のせめぎあいがあるのだと思われ、バランスもとれているように見え、今まで、M4.6~4.9地震が多かったと思われます。
このバランスが壊れたときにはさらに注意が必要となると思われます。ここ数日の予想では3日午前中を中心、6日午前零時を中心にしたM5あたりの地震を予想しています。傾斜計が急に動きだせば規模は多少上がると予想されます。

11/2日、木曜日00:26JST
ニューカレドニア〜インドネシア間のM5以上の地震が多発しています。日本周辺、沖縄〜千島間のプレートに影響が出るかも知れません。
沖縄、日向、東日本近海、北海道近海、千島周辺という広範囲ですが、規模において、、M5.5の可能性も出てきているといえます。

11/3日、金曜日13:22JST
M5.0
60km SW of Kushiro, Japan
2017-11-03 12:45:11 (JST)日本時間
50.5 kmの対応地震が起きています。
今回の予想時間は午前9時辺りでしたので、5時間ずれていました。

11/5日、日曜日08:59JST
11月01日に予想した6日零時ごろのM5近い地震予想は一日ずれていました。
予想は5日午前零時辺りでしたので、すでに予想時間は過ぎています。
M 4.8
Kuril Islands
2017-11-05 08:27:36 (UTC+09:00)
61.1 km
M 4.6
26km SE of Aomori-shi, Japan
2017-11-05 06:05:43 (UTC+09:00)
109.0 km
M 4.7
84km NW of Chichi-shima, Japan
2017-11-04 21:51:02 (UTC+09:00)
38.7 km
M 4.9
231km SE of Hachijo-jima, Japan
2017-11-04 13:45:36 (UTC+09:00)
45.2 km

11/09日、木曜日20:20JST
M6.0
165km ESE of Hachijo-jima, Japan
2017-11-09 16:42:12 (UTC+09:00)
20.3 kmの対応地震が起きています。

11/10日、金曜日08:59JST
M5.3
177km ESE of Hachijo-jima, Japan
2017-11-09 18:45:44 (UTC)
10.0 kmの対応地震が起きています。


  • 返信する

11/10日、金曜日08:59JST
M5.3
177km ESE of Hachijo-jima, Japan
2017-11-09 18:45:44 (UTC)
10.0 kmの対応地震が起きています。
八丈島周辺のM6、M5.3地震も波形を見ると、大きなスロースリップのような波形に見られると判断しています。この海域でのプレート歪が限界に来ているのだとも思われます。
日本周辺のプレート境界面にM5地震の増加がしばらくしたら訪れるかもしれません。
キラウエア傾斜計のフラット状態も終焉に向かうものと判断されます。

11/10日、金曜日23:11JST

14日午前3時辺りを中心にした時間
17日午後4時辺りを中心にした時間
20日午前5時辺りを中心にした時間
M5辺りの地震を予想しています。
誤差を検証中。

11/11日、土曜日20:36JST
14日あたりではM4.9
17日あたりではM5.0
20日あたりではM5.5の地震が関東南部
伊豆諸島、八丈島、硫黄島の地震が含まれ、予想されます。地震が起きたときには正しい地震情報を確認し従ってください。

11/13日、月曜日08:15JST

M5.8
294km ESE of Kamaishi, Japan
2017-11-13 07:24:07 (UTC+09:00)
9.5 kmの対応地震が起きています。
予想時間より20時間早く起きています。

11/14日、火曜日21:11JST
20日辺りの予想より、21日後半の可能性が高くなっています。

11/15日、水曜日18:45JST
M5.2
78km NNE of Iwo Jima, Japan
2017-11-15 17:48:21 (UTC+09:00)
28.4 kmの対応地震が予想地域で起きていますが、14日予想では1日半、17日予想では2日間のずれが出ています。

11/15日、水曜日20:55JST
キラウエア傾斜計は10時間前からデフレに転じています。
韓国でM5.4の地震がおきていますが、2016年9月にも同じ規模の地震が起きていました。それからしばらくしてから、関東南部沖合いトリプルジャンクション辺りから地震が東日本周辺で多発していました。今回も20日以後にM5以上の地震が多発するというデータが出ていますので、注目していきます。

11/16日、木曜日19:28JST
M5.8
121km SE of Hachijo-jima, Japan
2017-11-16 18:43:35 (UTC+09:00)
71.0 kmの対応地震が予想の範囲で起きています。17日16時予想から22時間ずれていました。
追記:
M4.9
46km SE of Namie, Japan
2017-11-17 10:02:48 (UTC+09:00)
40.7 km


Re: P値使用、キラウエア変動と日本周辺の地震関連観測

NO.24136 @早稲田◆mfIzp8aRAc 2017/09/03 Sun 17:20 編集
  • 返信する

こういう無責任な予言はやめたほうがいいのでは?

>3日19時辺りを中心にし、M5近い地震が予想されます。


▲ページ先頭へ


関連記事

関連する投稿記事をツリー表示しています。レスを表示してからリンクをクリックして下さい。

  1. 24072 P値使用、キラウエア変動と日本周辺の地震関連観測17−2 誠 06/02 19:29
  2. 24073 P値使用、キラウエア変動と日本周辺の地震関連観測17−2 誠 06/03 02:00
  3. 24080 P値使用、キラウエア変動と日本周辺の地震関連観測17−2 誠 06/09 13:13
  4. 24088 P値使用、キラウエア変動と日本周辺の地震関連観測17−2 誠 06/24 02:46
  5. 24108 P値使用、キラウエア変動と日本周辺の地震関連観測17−2 誠 07/07 19:48
  6. 24112 P値使用、キラウエア変動と日本周辺の地震関連観測17−2 誠 07/13 01:23
  7. 24075 Re: P値使用、キラウエア変動と日本周辺の地震関連観測17 ぐりぐり 06/04 14:18
  8. 24076 2: P値使用、キラウエア変動と日本周辺の地震関連観測17 誠 06/05 01:44
  9. 24081 Re: 2: P値使用、キラウエア変動と日本周辺の地震関連観 ぐりぐり 06/12 06:15
  10. 24085 2: P値使用、キラウエア変動と日本周辺の地震関連観 誠 06/19 23:02
  11. 24123 Re: 2: P値使用、キラウエア変動と日本周辺の地震関連観 誠 07/30 23:44
  12. 24126 2: P値使用、キラウエア変動と日本周辺の地震関連観測17 誠 08/09 03:20
  13. 24127 Re: 2: P値使用、キラウエア変動 眠れぬねこ ◆Uu/SZIP2OQ 08/11 09:10
  14. 24128 Re^2: 2: P値使用、キラウエア変動 誠 08/11 20:19
  15. 24129 2: P値使用、キラウエア変動と日本周辺の地震関連観測17 誠 08/18 01:48
  16. 24134 2: P値使用、キラウエア変動と日本周辺の地震関連観測17 誠 09/02 21:37
  17. 24135 2: P値使用、キラウエア変動と日本周辺の地震関連観測17 誠 09/03 08:38
  18. 24137 2: P値使用、キラウエア変動と日本周辺の地震関連観測17 誠 09/03 20:05
  19. 24139 2: P値使用、キラウエア変動と日本周辺の地震関連観測17 誠 09/05 09:42
  20. 24140 2: P値使用、キラウエア変動と日本周辺の地震関連観測17 誠 09/10 18:44
  21. 24147 2: P値使用、キラウエア変動と日本周辺の地震関連観測17 誠 09/20 09:02
  22. 24160 2: P値使用、キラウエア変動と日本周辺の地震関連観測17 誠 09/29 08:50
  23. 24168 2: P値使用、キラウエア変動と日本周辺の地震関連観測17 誠 10/06 02:54
  24. 24176 P値使用、キラウエア変動と日本周辺の地震関連観測17 誠 10/15 09:27
  25. 24181 Re: P値使用、キラウエア変動と日本周辺の地震関連観測17 誠 10/28 13:05
  26. 24185 P値使用、キラウエア変動と日本周辺の地震関連観測17 誠 11/10 09:13
  27. 24136 Re: P値使用、キラウエア変動と日本周辺の地震関連観測 @早稲田◆mfIzp8aRAc 09/03 17:20



  • 地震後はアクセスが集中するため頻繁なリロードなどはお控え下さい。
  • 地震があった時の臨時掲示板から、地震フォーラムに名称を変更しました