地震フォーラム

地震予知フォーラムは、さまざまな地震の前兆現象や、地震予知の研究など地震予知に関する話題を扱う掲示板です。


  • スレッドを表示する
  • 返信する

2017年、新年を迎え、新スレッドになります。
今年もよろしくお願いいたします。

2000文字更新はそのままです。

1/1日曜日、09:38JST
ぐりぐり」さん こちらこそよろしくお願いいたします。

GPS秒差補正のため、GPS資料が読めません。

3日火曜日、16:22JST

GPS資料は1/4日を過ぎないと回復しないようですので、資料不足となっています。
キラウエア傾斜計は2日からインフレに転じていますが、弱い上昇となっています。この先新たなDI現象を起こすと予想されますが、その場合複数のM5規模の地震が予想されることになると思います。八丈島近海、沖縄近海、岐阜内陸なども予想されることになると思います。

4日水曜日、00:34JST

キラウエア傾斜計デフォデータは止まっています。このようなデータ配信が止まった状態でM5.5地震が起きたという記憶が多々ありますので注意してください。GPSデータ、USGSキラウエア傾斜データも見られません。

5日木曜日、01:12JST
*M 5.3
15km S of Iwaki, Japan
2017-01-04 15:43:59 (UTC)
54.7 kmの対応地震が起きています。
場所は予想と違ったようです。GPS回復を待ちます。

追記:09:08JST
*M5.6
41km ENE of Iwaki, Japan
2017-01-04 17:53:20 (UTC)
10.0 kmのM5.5以上の対応地震が起きています。M5規模複数回目です。

6日金曜日、09:31JST
キラウエアデフォメーショングラフは一定のサイクルと思えるほどの繰り返しを行っています。重力波を疑うほどです。(物理学者でもないからよくわからない)
ここは見出しとなるので2000文字以下でも次に移ります。


  • 返信する

2017年、新年を迎え、新スレッドになります。
今年もよろしくお願いいたします。

新年.明けましておめでとうごさいます。
貴殿の観測.調査.推論.予測に関して 早速.昨年末の論説の続きを.お願いします。


  • 返信する

1/11日水曜日、00:29JST

キラウエア傾斜計はインフレ状態から、平行状態に移行するような動きが監察されました。
先のDI現象から日本周辺の地震を予測しなかったのには理由が有ります。
 さて、今回の動きには注目すべき状態が重なるかも知れません。満月、そのほかの現象も重なっていくかもしれません。キラウエア傾斜計の動きと、溶岩底(湖面)のこれからの動きに注意していきます。

追記:GPSグラフについては国土地理院に問い合わせていますので、何か分かりましたらここに書き込みます。

追記:01:33JST
 13日を中心に12,13,14辺りにM5.5地震の可能性が有ります。GPS判断ができませんが、他の資料から大島近海の可能性も有りますので、地震が起きた時には正しい地震情報を確認し、したがってください。

13日金曜日、19:12JST
*M5.0
10km SSW of Hasaki, Japan
2017-01-13 03:25:29 (UTC)
32.3 kmの対応地震が起きています。
対応地震が起きていますが、予想した前兆現象はまだ弱い状態での発振ですので、まだ安心はしていません。

15日日曜日、01:25JST
キラウエア傾斜計は12月22日と同じ程度のデフレを記録しています。(ここ数ヶ月で一番)
溶岩底(湖面)の変動が大きくなるかに注目しています。ここ数日の問題として、大島地震振幅から推測される地震は、ここ半日先から24時間の間のM5.5近い地震です。すでに、東海沖合深部地震M4.8(USGSではありませんので参考資料)が起きていますが、地震が起きた時には正しい地震情報を確認し、必ず従ってください。

16日、月曜日、09:35JST
キラウエア傾斜計はいまだにデフレを記録しています。傾斜計反転、他現象の一つも遅れているようです。地震の発信も送れるかもしれません。いけない事ですが、この理由でもう少し延長したいと思います、予想をさらに24時間延長してみたいと思います。
 今の溶岩底(湖面)の深さと同等の数字昨年
02/21 40m
02/24 40m

04/09 50m
05/02 40m
08/04~08/08 40m
10/07 45m

17日火曜日、12:59JST

キラウエア傾斜計は6日間ほどのデフレを記録しています。一年に数回あるかないかの現象ですが、このまま降下するのかslow状態から急なインフレ状態に転じるのかの分かれ目だと思います。予想地震は起きていませんのでハズレだと思います。ただ、このような長期のデフレが何を意味するのか精査していかねばと思いますが、日々のGPS情報が手に入りませんので予想に困っています。(一ヶ月単位」では確認中)
もう一つの現象が数日遅れで、先ほどから出てきましたので注意していきます。

17日火曜日、19:21JST
キラウエア傾斜計は多少の上下を記録しながら、いまだにデフレ基調です。このようなグラフに近い状態を示しているのが10月7日辺りとなります。当時、oharaM5.2,chijimaM5.7,台湾M5.8の地震の後に阿蘇山噴火が起きていました。台湾地震、阿蘇山噴火にも注意が必要となるかも知れません。

18日水曜日、19:37JST
キラウエア傾斜計は相変わらずのデフレ状態を記録していますが、溶岩底(湖面)は45m(旧淵よりの深さ)辺りのままを記録しているよです。やはり、関東南部沖合、または父島近海そして台湾近海へと移行していく地震の可能性が出始めています。しばらく揺れなかったからと言って油断しないように願います。

22日日曜日、01:58JST
今から6:30分前に、キラウエア傾斜計の表示が停止しています。このような場合にM5.5地震が起きたことが多々あります。原因は分かりませんが、ケーブル関係かと推測していますが原因は分かりません。溶岩底(湖面)は停滞していましたが6:30分前辺りから上昇して、旧淵から8m(新淵から16m)辺りの深さと思われます(個人的)。おそらく、今はインフレ状態と推測されますが、降下開始後、ほどなく硫黄島近海、伊豆諸島南部でのM5辺りの地震が予想されます。(10月上旬の動きに近いとして。)

22日日曜日、14:18JST
M8.0
40km W of Panguna, Papua New Guinea
2017-01-22 13:30:24 (UTC+09:00)
153.8 kmの大きい地震が起きています。


  • 返信する

24日火曜日、10:42JST

キラウエア傾斜計は回復しました、回復前には緩やかなデフレを記録していましたが、溶岩底(湖面)が上昇するという珍しい現象が起きていました。その現象が今から数時間前に劇的に変動しています。注意が必要となるのか、傾斜計の故障なのか判断できません。まず、湖面が急激な降下を開始するかにより、ある程度の判断ができると思われます。まず、第一報。

24日火曜日、13:25JST
キラウエアクレーター内溶岩湖ハレマウマは上下運動が活発化しています。傾斜計は再度ストップをしています。ハワイの天気も回復して、傾斜計も修理されたはずですが再度の停止を記録中です。

25日水曜日、00:29JST
大島地震計振幅グラフ急な降下が起きています。キラウエア傾斜計降下、停止と数時間の違いですが、シンクロしているように見えます。
今回のキラウエア傾斜計異常が機械の故障以外であれば、大島近海に注目していくことになります。

25日水曜日、09:55JST
A tiltmeter with data that are typically posted on the Hawaiian Volcano Observatory website is currently under repair. Yesterday, it produced a noisy data record that is related to the repairs and does not reflect activity on the volcano.
昨日のSPIKESは計器修復の過程から生じた混信のようですが、今日表示されている数字が3.11以来の降下を示しています。
3.11当時、溶岩底(湖面)降下開始時期と傾斜計異常3/5日の関係とを時間ができたら調べたてみたいと思いますが、手元の大まかな資料では、ほとんど同期していたようになっていますね。

26日木曜日、09:07JST
キラウエア傾斜計は-25radians記録していましたが、傾斜計修理、調整のために出てきた数値だと推測されています。3.11当時にも3/5
当時におおきなデフレと降下を記録していました。当時も他の傾斜計との反応が大きく違ったものであったことは記憶しておく必要もあると思います。ただ、いまだに大きな溶岩湖面の降下は起きていませんので、少し安心していますが、データ停止の状態でどのように判断すべきか、悩むところです。これから、溶岩湖面の急激な降下、キラウエア周辺の地震が多発するのか、DI現象が短期に集中するのか、に注目していきます。

26日木曜日、18:52JST
M5.0
79km NNE of Miyako, Japan
2017-01-26 08:06:29 (UTC)
37.0 kmの対応地震がおきています。

28日土曜日、01:28JST
キラウエア傾斜計は修復されているようですが、単位が大きすぎてここ一週間は参考にするには困難な状態が続くかもしれません。
今の状態が11月上旬の状態と推測した場合、ここ数日で溶岩湖の降下が始まり、東日本周辺、関東沖合などでの地震活動が予想されると思います。それとともに、火山活動が活発化するところも出てくる可能性も見ています。
追記:01:35JST
拍手をいただいていた2人の方申し訳ありません。また、消去されています。拍手の実数ははるかに多いものと推測されます。

29日日曜日、02:02JST
キラウエア傾斜計はおそらく-1.5microradians辺りのデフレを経験していると思われます。同時に溶岩湖面もわずかに降下しています。
ここ36時間で石巻沖合辺りでM5規模の地震が起きるかもしれませんので、地震が起きた時には正しい地震情報を確認し、従ってください。

30日月曜日、23:24JST
キラウエア傾斜計はインフレ状態に移行したようです。傾斜計グラフが読みにくく予想が難しいですが、11月と同じ経過をたどるならば24時間ぐらいで揺れる可能性もありますので注意してください。石巻沖合ではM4規模の地震が数回起きていましたが、今のところM5規模は起きていませんでした。

2/1水曜日、08:40JST
M5地震は予想された範囲と時間内に起きていませんでした。グラフ詳細データはもう2日ほどかかるようです。また、GPSデータ日々、をとれるようにしたいと思います。
追記:13:34JST
しつこいようですが、石巻沖合に注目しています。地震が起きた時には正しい地震情報を確認し従ってください。グラフが読みにくいことによる誤診かもしれませんが、注目しています。


  • 返信する

2/3金曜日、02:57JST
キラウエア傾斜計は詳細を確認できるようになりました。やはり、東日本周辺でのM5規模の地震の可能性が出ていますので、注意してください。
石巻、波崎、福島沖合周辺です。

追記:2/709:54
USGSでは
M4.8
37km ESE of Namie, Japan
2017-02-03 14:15:32 (UTC)
14.9 km
そのほか:
M4.9
44km E of Naze, Japan
2017-02-01 18:11:32 (UTC)
31.5 kmの地震が起きていました。
対応地震では有りません。

3日金曜日、09:41JST
Sudden collapse into the ocean of a slab of sea cliff about 28 m (90 ft) high and about 150 m (490 ft) or more in length would create a significant wave that would travel rapidly out to sea. It would also could shower the immediate area with blocks of hot rock and fragments of molten lava. It could also prompt more powerful explosions as the 61g lava tube is further exposed.
ハワイUSGSの情報に注意してください!

溶岩だな崩壊の可能性が高くなっています。
28mの高さ、150mの幅の棚崩壊が突然崩壊し重要な問題を起こす可能性のある波が作られ、外洋に広がり、高温の棚崩壊により、溶岩の塊が降り注ぎ、さらに溶岩流入による、今までより大きな爆発が起きる可能性が起きています。

2/5日曜日、03:05JST
キラウエア溶岩の状態傾斜計と、溶岩流量と他の関係をプラスした日本周辺との地震の関係という相関関係を見て、因果関係が分かる仮設を立てねばならないのは十分承知しているつもりです。ハワイで起きている溶岩流出と日本周辺の地震規模の関係もあるのかもしれません。

2/6月曜日、00:03JST
https://www.wired.c
om/2017/02/watch-kilaueas-lava-gush-sea-like-waterfall/
溶岩流の滝の動画です。
下の部分の記事にも注意してください。

2/6月曜日、14:20JST
キラウエア周辺溶岩流は日本周辺のM5規模の地震を0.5points下げているのかもしれません。
圧力釜の蒸気逃し弁のようなものと推測しています。流出量が低下した場合、圧力からの回復という大きめの地震の可能性を予想します。
ハワイの溶岩滝に注目してください。

2/6月曜日、21:20JST
M5.0
259km ENE of Hachijo-jima, Japan
2017-02-06 11:58:06 (UTC)
19.6 kmの対応地震が起きています。

2/8水曜日、21:38JST(8日12:38UTC)
色丹沖合でM5.5近い地震、ヒララ近海でM5辺りの地震の可能性を見ています。

2/9木曜日、01:39JST
M4.5
168km E of Kuril'sk, Russia
2017-02-08 14:07:32 (UTC)23:07(JST)
63.4 km対応地震では有りませんが、参考まで。

2/11日土曜日、06:58JST
*M5.0
57km ESE of Namie, Japan
2017-02-10 21:05:29 (UTC)
27.3 km

*M5.6
19km S of Tainan, Taiwan
2017-02-10 17:12:52 (UTC)
10.0 kmの対応地震が起きています。
色丹の沖合での予想地震はまだ起きていません。

2/12日日曜日、17:54JST
キラウエア溶岩底(湖面)は比較的強めの降下を開始しています。このような場合伊豆諸島南海でのM5の地震が予想されますので、地震が起きた時には正しい地震情報を確認し、従ってください。

2/12日曜日、23:09JST
*M5.0
70km NNE of Miyako, Japan
2017-02-12 13:36:55 (UTC)の対応地震が起きています。


Re: P値使用、キラウエア変動と

NO.23913 眠れぬねこ ◆Uu/SZIP2OQ 2017/02/12 Sun 03:09 編集
  • 返信する

ハワイUSGSの情報に注意してください!

溶岩だな崩壊の可能性が高くなっています。

キラウエア溶岩の状態傾斜計と、溶岩流量と他の関係をプラスした日本周辺との地震の関係という相関関係を見て、因果関係が分かる仮設を立てねばならないのは十分承知しているつもりです。ハワイで起きている溶岩流出と日本周辺の地震規模の関係もあるのかもしれません。

→(今日は。)

溶岩の滝,幅約2m・・
崖の割れめ・・注目中

「相関」・・
ありなし,それとして
複雑の可能性も

線形以外
(非線形)としたら・・
傾向出し難解困難も

仮説立て
「ねばならない」
→少し気負いあり?
気付き・視点出し
→引き続き拝読中(溶岩)

キラウエア情報
(ありがとうごさいます)


Re^2: P値使用、キラウエア変動と

NO.23914 誠 2017/02/12 Sun 13:46 編集
  • 返信する

溶岩の滝,幅約2m・・
崖の割れめ・・注目中  *溶岩の滝に注目もしています。溶岩量が目視できますからね。

「相関」・・
ありなし,それとして  *基本的に、プレートを圧力釜のようなものと仮定していますが、地球上にはいくつものプレート(圧力釜)が有ります。有る程度独立性もありますが、アフリカ大陸プレートのかすかな動きが玉突きのように波及しているように仮定しています。
さらに、火山活動と地震規模の可能性、磁場セクターとの関連性も見ています。したがって、
「複雑の可能性も」その通りです。私のできる範囲で、有る程度のモデルはできていますよ。

線形以外
(非線形)としたら・・
傾向出し難解困難も  *そうですね、非線形でも描ければよいと、開き直りですね。

仮説立て
「ねばならない」
→少し気負いあり?
気付き・視点出し
→引き続き拝読中(溶岩)  *もう少し頑張りたいと思います。あと、「ナマジーと愉快な仲間」ジミーさんの好意で、間借りさせていただいております。よろしければそちらも閲覧願います。

キラウエア情報
(ありがとうごさいます)
先輩に感謝されるとは、光栄です。
GPSを閲覧不能で、日本周辺の地震の可能性を判断しづらくなっているのが、残念です。


Re^3: P値使用、キラウエア変動

NO.23925 眠れぬねこ ◆Uu/SZIP2OQ 2017/02/22 Wed 05:16 編集
  • 返信する

溶岩量が目視できますからね。

→ご紹介先のup写真拝見しました

*基本的に、プレートを圧力釜のようなものと仮定していますが、地球上にはいくつものプレート(圧力釜)が有ります。有る程度独立性もありますが、アフリカ大陸プレートのかすかな動きが玉突きのように波及しているように仮定しています。
さらに、火山活動と地震規模の可能性、磁場セクターとの関連性も見ています。

→検証中(なんですね)
私のできる範囲で、有る程度のモデルはできていますよ。

→そうなんですね

非線形でも描ければよいと、開き直りですね。

→それもあり

*もう少し頑張りたいと思います。あと、「ナマジーと愉快な仲間」ジミーさんの好意で、間借りさせていただいております。よろしければそちらも閲覧願います。

→拝見しました(写真/説明図も)

先輩に感謝されるとは、光栄です。

→先輩じゃないけど,日々check(ありがとう)

わかったらでいいけど教えて・・

→溶岩の質違いでも同じ(圧力押し合い→度合い)に見て構わない?

色々ありがとうございます(またね)


  • 返信する

先輩に感謝されるとは、光栄です。

→先輩じゃないけど,日々check(ありがとう)
* 私が掲示板に初めて書き込みを始めたころ、「眠れぬねこ」さんを見かけていますし、スロースリップについて指摘していただいていますので、先輩だと思います。年齢についてはお互いに不明ですので無問題。

わかったらでいいけど教えて・・

→溶岩の質違いでも同じ(圧力押し合い→度合い)に見て構わない?
* 溶岩の質ですか。。。
私は学者でもないのでお答えはできないと思ってください。
ただ、常識的な知識としての仮説ならという前提で、書ける気がしますので、少し書きます。
ご存じのように、プレートは大陸と海洋プレートに大きく分けて考えることができます。
海洋プレートは海水の圧力と冷却作用で固く、密度の高い性質を持っていますので重く、したがって大陸プレートの下に潜り込んでいます。
そのもぐりこみの段階で海水などをマントル表面に接触させるとマグマができ、その比重などから上昇を開始し、火山などから噴出を開始していくと仮定されているようです。
 プレート同士の接触の場合は、プレートの密度や比重の違い、水が含まれているかいないかなどの観察をする必要が有ると思っています。

一般的な話ですが、海洋型地震、内陸型地震という話題になっていくと思います。

色々ありがとうございます(またね)
こちらこそ。


  • 返信する

2/16木曜日、09:41JST
キラウエア傾斜計はデフレに転じています。
10月下旬のグラフに近い形です。
当時、ヒララでM5.1の地震が起きていました。
今回、M5.5の地震も予想されます。
地震が起きた時には正しい地震情報を確認し、従ってください。

追記:電子基準点情報
※ 公開の一時停止について
保守のため、3月下旬まで「最近の地殻変動情報」と「長期の地殻変動情報」の公開を一時停止いたします。
ご不便をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

2/17日金曜日、12:07JST
M4.7
36km NNW of Hirara, Japan
2017-02-17 01:18:05 (UTC)
19.5 km対応地震では有りませんが、
予想された場所で起きています。

2/18日土曜日、18:14JST
予想されたM5.5規模の地震はまだ起きていません。地殻エネルギーなどが地震エネルギーではなく、そのM0.5(M5規模として)相当のエネルギーが火山活動エネルギーに転化しているか、その途中なのかもしれません。火山活動にも注目してください。

2/19日日曜日、19:31JST
*M5.5
11km SSW of Hasaki, Japan
2017-02-19 09:19:30 (UTC)
39.4 kmの対応地震が起きています。
予想の4日目です。ほとんどが3日以内ですので、予想的中と言えるのか検討していきます。

2/19日日曜日、23:19JST
M5辺りの地震が東日本、大郷周辺、福島沖などで、可能性が有ります。GPS観測が読めないのは残念です。

2/21日火曜日、19:41JST
M5地震予想場所ですが、6月10日辺りに近い状態と思われます。名瀬、よな国、千島近海の方が可能性が高いかもしれません。

2/24日金曜日、23:10JST
予想した範囲での、対応地震は起きていませんでした。キラウエア傾斜計グラフは、今の段階では10月末の状態に近いものとなっています。
これからの動きに注目しています。世界的な動きですがアフリカ大地溝帯で地震が起きています。
M5.9
46km E of Kaputa, Zambia
2017-02-24 00:32:17 (UTC)
26.7 km
新たな玉突きが起きるかもしれません。
追記:2/2608:35JS
M4.7
25km W of Hoima, Uganda
2017-02-25 17:19:35 (UTC)
10.0 km大地溝帯でM4規模以上の地震が再度起きています。

2/25日土曜日、02:58JST
キラウエア傾斜計は平行に近い状態です。
フィジーで地震が有りました。
M6.9
283km S of Ndoi Island, Fiji
2017-02-24 17:28:43 (UTC)
396.1 kmの深発地震でした。
プレートの力の方向も気になります。
沖縄、東日本南部の可能性も出てきています。

2/25日土曜日、10:00JST
茨城南部など内陸のM5地震の可能性が有りますので、地震が起きた時には正しい地震情報を確認し、従ってください。地震多時期は10日辺り先だと思われます。

2/26日日曜日、21:31JST
ここ36時間で、茨城南部でM5地震の可能性が有ります。地震が起きても怪我の無いように身の周りの整頓を、お願いいたします。

2/27月曜日、01:13JST
*M5.1
32km ENE of Iwaki, Japan
2017-02-26 15:03:33 (UTC) 2/27 00:03JST
45.7 kmの対応地震が起きています。

2/27月曜日、09:08JST
*M5.1
191km E of Chichi-shima, Japan
2017-02-26 23:17:08 (UTC) 2/27 08:17JST
16.7 kmの対応地震が起きています。

2/28火曜日、17:34JST
*M5.6
34km ENE of Namie, Japan
2017-02-28 07:49:02 (UTC)
42.3 kmの対応地震が起きています。

3/1水曜日、16:46JST
*M5.0
36km ENE of Namie, Japan
2017-03-01 06:43:05 (UTC)
51.1 kmの対応地震が起きています。


  • 返信する

3/3金曜日、01:09JST
M5.3
42km SSE of Saiki, Japan
2017-03-02 14:53:43 (UTC)23:53(JST)
49.2 kmの対応地震が起きていました。
すでに、起きていますので、予想失敗となるようです。さらに、ここから36時間で大船渡、石巻沖合でのM5.5地震が予想されます。地震が起きた時には正しい地震情報を確認し、従ってください。

3/3金曜日、18:01JST
*M5.3
22km S of Nemuro, Japan
2017-03-03 08:27:35 (UTC)
82.2 kmの対応地震が起きています。

3/6火曜日、23:56JST
キラウエア傾斜計は」平衡状態から降下を開始したような動きが有ります。急な降下であった場合、紀伊半島の田辺周辺で起きたM5.2地震当時の状態に近い状態となります。当時降下開始から42時間後辺りで発振していました。今回、可能性のある地震の規模はまだ分かりません。地震が起きた時には正しい地震情報を確認し、従ってください。なお、観察中です。

3/8水曜日、02:09JST
*M5.2
67km ENE of Mutsu, Japan
2017-03-07 16:08:18 (UTC)
54.3 kmの対応地震が起きています。
訂正報告
*M5.7
63km ENE of Mutsu, Japan
2017-03-07 16:08:19 (UTC)
55.2 kmの規模のようです。

今回、田辺、波崎、浪江などの可能性も見ています。M5.5の可能性もありますので、小さな揺れを感じても、正しい地震情報を確認しかならず従ってください。

3/11土曜日、07:54JST
*M5.0
Izu Islands, Japan region
2017-03-10 15:53:52 (UTC)
106.1 kmの対応地震が起きています。
なお、ここでの暗証番号ログインは漏えいする可能性が有るようです。拍手の数なども操作されているようです。ログイン暗証番号には注意してください。ノートンからの忠告が入りました。

3/12日曜日、07:42JST
*M5.4
56km E of Namie, Japan
2017-03-11 19:57:46 (UTC)
40.3 km
*M5.4
28km SSE of Makurazaki, Japan
2017-03-11 18:48:41 (UTC)
141.1 kmの対応地震が起きています。
(今回、地震予定地域が浪江のため3.11ということもあり、発振予想時間の書き込みを控えました。)

3/13月曜日、19:13JST
内陸地震の可能性もあります。北茨城、宮古などで、ここ36時間でM5辺りの地震の可能性もありますので、周辺の整理をし、怪我の無いようにしてください。

3/18土曜日、02:47JST
3/13日に予想したM5辺りの地震は北海道で起きていましたが、概ね外れた形になっていました。最近、新しい指標の整理に時間がかかっていますので、もう少ししたら、今よりさらに少しは精度が上がるかも知れません。
 最近の傾向は、浅間山などの山形グラフ完成もありますのでM5近い地震が関東周辺に有るかもしれません。

3/19日曜日、20:22JST
しばらくM5規模の地震は起きていませんでした。これから今月末までの予想されるM5以上の地震はおそらく26日辺りで九州中部近郊の可能性と、それから2〜3日後の29日あたりで、北海道南部近海でのM5以上の地震の可能性を予想しています。
これからのキラウエア傾斜計デフォメーショングラフの変動によりずれる可能性もありますが、概ねそのように予想しておきます。

3/21火曜日、00:43JST
キラウエア傾斜計から、ここ24時間で、浪江近海でのM5辺りの大きくない地震の可能性が有りますので、地震が起きた時には正しい地震情報を確認し、従ってください。3/19日に予想した地震とは違う地震です。29日の地震ですが紀伊半島の可能性も追加するようなグラフ傾向も出ています。
追記:
M4.6
34km E of Namie, Japan
2017-03-22 00:21:05 (UTC)
37.0 kmの地震は起きていたようです。

3/22水曜日、09:46JST
キラウエア傾斜計グラフを読み間違えていました。36時間以内に浪江近海でM5近い地震が予想されます。29日辺りの地震はM5.5以上の可能性も出てきています。


  • 返信する

3/24金曜日、14:17JST
This is consistent with moving into the inflation phase of a summit DI event. Nonetheless, the lava lake level is slightly lower than yesterday
傾斜計グラフで示されているインフレDIと溶岩底(湖面)の動きが連動していません。注目しています。

3/25土曜日、02:34JST
*M5.1
79km NW of Ishikawa, Japan
2017-03-24 16:43:27 (UTC)
85.2 kmの対応地震がおきています。
今回複数回の地震(M5規模)の可能性もありますので、情報に注意してください。
しばらくM5地震に注意。

3/25土曜日、23:56JST
噴火に関する火山観測報(桜島噴火)(2017年03月25日22時44分発表)
噴火に関する火山観測報(桜島連続噴火は停止したもよう)(2017年03月25日19時47分発表)
噴火に関する火山観測報(桜島連続噴火継続)(2017年03月25日18時48分発表)
噴火に関する火山観測報(桜島噴火)(2017年03月25日18時14分発表)

桜島噴火開始しています。予想したM5地震の
地震エネルギーが小さな噴火で消化し、治まることを願います。

3/26日曜日、00:31 JST
ここ数日のうちに、関東周辺(日立近郊等)などのM5地震の可能性もでてきています。
桜島の小さい噴火で地震の可能性が小さくなることを願います。
3/28火曜日、09:22JST
19日に予想された29日辺りのM5.5以上の地震に当たると思われる
*M5.6
178km W of Kamiiso, Japan
2017-03-27 22:31:21 (UTC)
10.0 kmの対応地震が起きています。
複数予想されます.

3/29水曜日、22:53JST
ここ48時間で、伊豆諸島、枕崎近海、浪江近海でM5〜M5.5の地震の可能性が有りますので、地震が起きた時には正しい地震情報を確認し、必ず従ってください。


▲ページ先頭へ





  • 地震後はアクセスが集中するため頻繁なリロードなどはお控え下さい。
  • 地震があった時の臨時掲示板から、地震フォーラムに名称を変更しました