地震・防災・地震予知の話題を扱う掲示板です。お気軽にご参加下さい

ジシンフォーラムに、地震・防災に関するニューストピックが表示されるようになりました。さらに、役立つニュースを共有したり、ニュースをテーマに話し合う機能「フォーラムに投稿」を実装しましたのでお知らせ致します。ご活用いただけると幸いです。 地震防災トピックへ

スレッド一覧

【抜粋記事】スマートフォンや高速コンピューターなどの先端技術を使えば、大災害時に住民はどれくらいスムーズに避難できるようになるのか――。将来の津波災害から住民を守る次世代型の避難支援の可能性を探る実証実験が12月9日、川崎市で実施された。(配信元:マイナビニュース)

記事全文はこちらから
https://news.mynavi.jp/article/20181212-739368/index.html

【抜粋記事】「どう周知すればいいのか」「住民の理解が必要だ」−。未曽有の広域災害が想定される南海トラフ巨大地震に備え、政府の中央防災会議は11日、新たな住民の避難対策を打ち出した。震源域の半分で巨大地震が起きる「半割れケース」の場合でも、残り半分の沿岸住民を1週間程度、一斉避難させるとした。南海トラフと向かい合う沿岸自治体などからは、評価する意見が上がった一方、困惑の声も。企業も減災への取り組みを急ぐ。(配信元:産経デジタル)

記事全文はこちらから
https://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/181211/evt18121123320042-n1.html

100

川柳スレがなんだかギスギスしてきたので新たに毒を吐く場所を作ったぞ。

ルールは5・7・5で毒を吐くこと、以上。

残り20/120件

70

【ユーザーフォーラム】 川柳スレ No.61

  • NO.677
  • 月読命◆.aC77LLf76dMhMTI4NjllZT-PC
  • 2018年12月06日10:58
  • 編集・削除

川柳スレ No.61です。
皆様、宜しくお願い致します。

※スタート時からの流れで、川柳基本の五七五でお願い致します。

※こちらもスタート時からの流れを継承し、基本に忠実に詠んだ本格派から、四季の風景や日常の出来事・喜怒哀楽やつぶやきなどを五七五の定型にして詠んだ自由派まで、気軽に表現できる場所と致します。

※他人に不快感、嫌悪感を与える書き込みは一切禁じます。利用規約5をご参照ください。

※こちらは川柳を投稿するスレです、雑談場所ではございません。

※70レスを超えましたら新しいスレ立てをお願い致します。

※70踏んだ方はスレ立てるか、スレ立てを依頼してください。
 知らんぷりは嫌よ。

9

東京ガスは11月30日、大規模地震発生時などにおけるガスの復旧進捗状況を把握できる「復旧マイマップ」を開発したことを発表した。(配信元:マイナビニュース)

記事全文はこちらから
https://news.mynavi.jp/article/20181203-734726/

13

【地震フォーラム】 ボーっと生きてんじゃねえよ!

  • NO.617
  • グニチ◆sVlWzWwXK5zwkOWJmY2RlZD-iPhone
  • 2018年12月03日00:04
  • 編集・削除

NHKの人気番組「チコちゃんに叱られる!」の11月30日の放送では、全国何十箇所もの観測所で気象庁の観測員が毎日7回(3時、6時、9時、12時、15時、18時、21時)、1回につき3分くらい時間をかけて全天くまなく目視で丹念に調べる、という手法で雲を観測しているという内容が紹介された

この番組を見て、以下のようなことに想いが及んだので書いてみた

「地震雲は実在するか」という議論をあちこちで見かけるが、そこに

「全国各地の気象観測のプロが毎日これだけ丁寧な定時/定点観測を続けてきたにも関わらず、その中から地震雲という新しい概念は生まれなかった理由は何だろうか?」

という論点も加わったわけだが、その理由として、まずは以下の二つがすぐに思いつく

1)「官僚主義」や「マニュアル(※)至上主義」による弊害、すなわち頭の堅い専門バカが科学の発展や新発見の芽を摘み取ってしまった、という仮説

2)雲の観測や分類方法を知らないからこその無邪気さ、すなわち特徴的な形の雲を見かけて沸き起こる感情の域から出ていない、という仮説

ふたつの仮説は真っ向から対立するが、それぞれの言い分に納得できる部分もある
また、これら二つの仮説の接点にこそ、この議論を収束に導くカギが潜んでいるように思われる

(つづく)

=====
※気象庁が公開している「気象観測の手引き」
https://goo.gl/BX6Rgz
というマニュアル(平成10年に制定の後、平成14年、19年の二度の改訂を経て現行版に至る)の「第11章 雲(P50〜57)」に掲載されている判定基準に従っていると推測される

25~30 / 45

今日の前兆報告数

こちらのフォームから地震雲や、地震の前兆現象の報告をすることできます。地震前兆の調査として、毎日の報告数の増減を記録しておりますのでご協力よろしくお願い致します。

東日本

西日本